toggle
2018-04-04

(ステアリングの話)40歳を過ぎてから整理整頓が出来る様になりました


「ステアリングの話」と「40歳を過ぎてから整理整頓が出来る様になりました」、、、結びつかない。。

クルマを購入してから売却するまでの間にステアリングを交換したことはありますか?
無いという人が多いんではないでしょうか。
ワタシはよく交換していたんですけど、ある時期を境に交換しなくなりました。と言ってもこれまですべての愛車が新車ではありませんでしたから旧車を所有しているときは、純正パーツが入手出来るのであれば新品へ交換していました。”ある時期”とはエアバッグの普及です。エアバッグが普及し始めてからは安易にステアリングを交換することが出来ませんでした。知り合いのなかにはエアバッグに拘ることなく自分の好みのステアリングに交換する人もいましたが、折角付いているエアバッグを外してまでもというのが、ワタシの中では大きかったですね。

最近ではメーカーも後付ステアリングをいろいろと設定していますから、エアバッグを外さなくても気軽にステアリングが交換出来るようになりました。ステアリングを交換した経験をお持ちの方は分かると思いますが、オリジナルから専用メーカーのモノに交換するとクルマの乗り味が劇的に変わるんですよ。ソリッド感がますというかシャキッとするんですよ。運転中常に触れているモノですから交換したことによってドライバーも高揚しますしね。大枚叩いて足回りをいじるよりは、サブコンと同じですが比較的低コストで効果の出るライトチューンだとワタシは思っています。

なぜ突然ステアリングの話かというと、先週、独BMW社の知り合いから日本でも発売になった”M3 CS”の資料が送られてきたんですが、貧乏人のワタシにはとても手が届く代物ではないので、資料は事務所の片隅に放ってあったんですが、昨日パラパラと見ていてこのステアリングの格好良さに惚れ込んでしまったからです。M3 CS自体もF3X系のファイナルエディションということだけあって、その内容はスゴイですね。普通のM3と比較して専用パーツが多数組み込まれていますね。目に付くところではまずボンネットが別物です。形状が複雑で彫りが深くエアスクープまで増設されています。そしてヘッドライトの形状までも変えてあります。ぱっと見分かりませんがよりワルく見えるようにエッヂの効いたモノに換えてあります。日本ではあまりプロモーションがされていないのでモデル末期の押し売りかなんて捉えられているようですが、海外ではスゴイ反響で激しい争奪戦になっているようです。お金があればワタシもガレージに収めてみたいクルマです。これで上がってもいいと思うほど。

このステアリングが気に入りました。格好いいです。

M3 CSの写真です。ファイナルエディションです。気合いが入っています。逆に考えると次のM3はガラリと方向性が変わってしまうんでしょうか?

  

Wrightcompany@Amazonに現在入手可能なBMWの後付ステアリングを商品登録しました。仕入れ経路を開拓しましたので今までよりも低価格で提供出来るようになりました。ご検討下さい。

ワタシも上のM3 CS用ステアリングホイールを自分用に発注してしまいました。入手までにはまだ時間がかかるようです。内緒の話、安いんですよ、このステアリングホイール。

関連記事