toggle
2022-07-08

コレはイイ!U06 2シリーズアクティブツアラーのELECTRICAL SYSTEM


#U06 #2シリーズ #アクティブツアラー #DEEPSLEEPMODE #AUTOMATICWINDOW

部品屋が勝手にバカ売れするんではないかと予想している新しいU06 2シリーズアクティブツアラー。ドイツのお偉いさんから頂いた資料に目を通していて、コレは良いなと思った機能が“DEEP SLEEP MODE”と“AUTOMATIC WINDOW”です。

DEEP SLEEP MODEは長期間駐車しても(最大27週間)、バッテリー上がりが発生せず車を始動出来るという機能、そしてAUTOMATIC WINDOWは予め登録しておいた地点でボタン操作することなくウィンドウが開くという機能。どちらの機能もU06にて初採用ですが、今後は他のシリーズモデルにも波及していきそうですね。ID8 on SP21だけの機能なのか、ID8 on SP18でも作動可能なのか、気になるところですね。    

DEEP SLEEP MODE
車両を長時間駐車している場合、一定時間ごとに12Vバッテリーを充電する必要があります。このため、U06ではディープスリープモードを初めて実装しました。バッテリーの充電状態にもよりますが、最大で27週間まで待機時間を延長することが可能です。(48Vシステム搭載車では、必要に応じて12Vバッテリーを48Vの車両電気系統で充電することも可能です)。ディープスリープモードが起動すると、ターミナル30Fが切断され、PWFステータスPARKでリモートコントロールレシーバとヘッドユニットのスイッチがオフになります。オプションとして、アラームシステムもオフにすることができる。ディープスリープモードは、CIDのシステム設定により、有効化および無効化することができます。ディープ・スリープ・モードを有効にするには、BMW デジタル・キーまたは BMW デジタル・キー・カード付きの ID トランスミッタまたはスマートフォンが車内にある必要があります。また、パーキング・ライト、パーキング・ライト、ハザード警告灯のスイッチをオフにしておく必要があります。ディープ・スリープ・モードでは、テールゲート・ボタンで車両をスリープ解除し、通常通り使用することができます。車両が PWF ステータスの PARK に戻ると同時に、ディープ・スリープ・モードに切り替わります。

AUTOMATIC WINDOW

もう一度言います。バカ売れしますよU06 2シリーズアクティブツアラー。ワタシも買いたいです。買うならGen.5のエレクトリックドライブユニット240kW (326HP)を積んだフルハイブリッドPHEVの230e xDriveの一点買いです。

 

関連記事