toggle
2022-03-15

(Tech Info.)BMW B48TU2 エンジン


#BMW #B48TU2 #横置き #エンジン #U06

エンジンは原則として先代モデルB48、B48TUをベースにしています。シリーズ導入は、BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー(U06)に搭載されています。こうしてB48TU2エンジンは、徐々にB48TUエンジンに取って代わられていきます。このシリーズ導入は、当初は横置きの位置でのみ行われます。縦置き位置のエンジンは、後日、追随する予定です。したがって、B48TU2エンジンの説明は、当初、横置き型バリエーションに基づいています。
欧州連合(EU)の排出ガス規制遵守のための要件が厳しくなったため、ガソリンエンジンの効率向上と排ガス値の低減のためのさらなる措置が必要である。RDE条件下での排出ガス規制の遵守は、最新のガソリンエンジンの開発プロセスにおける大きな課題となっています。増加した要件を満たすために、2017年7月に導入されたB48TU1エンジンのさらなる開発が行われています。B48TU2エンジンは、Euro 6d Real Driving Emission 2規格に適合しており、将来の排ガス規制にも対応できるよう、すでに設計されています。同時に、出力とトルクの向上も実現しています。
3気筒と4気筒のBx8TU2エンジンは非常に類似しています。

  • デュアルインジェクション
  • ミラー燃焼プロセス
  • アクティブイグニッションコイル
  • DME 9
  • 第2世代ガソリンパティキュレートフィルター
  • ピストン・燃焼室
  • チェーンドライブ
  • 可変カムシャフト・タイミング・コントロール
  • クランクケース排気系部品
  • 冷却系
  • オイルポンプ
  • ブローオフバルブ付き排気ガスターボチャージャー

B48TU1エンジンのEuro 6d Real Driving Emission 2対策では、B48TU2エンジンとそのアタッチメントに様々な改良が既に施されている。例えば、ブローオフバルブの使用、排ガスターボチャージャーの最適化、オイル分離の改善対策などである。

シリーズ導入にあたり、B48A20M2エンジンは、223iモデルのミッドレンジパフォーマンスクラスとして採用される予定です。223iでは、内燃機関を電気モーター(14kW/55Nm)でサポートし、ダブルクラッチトランスミッションに統合しています。この駆動方式は欧州市場でのみ採用され、48Vの車両電気系統を追加することで実現しています。ダブル・クラッチ・トランスミッションの電気モーターは、48Vおよび12Vの車両電気システムに必要な電力を供給するので、ベルトドライブの従来のオルタネーターが不要になります。
後日、この4気筒エンジンは、電気モーターによるアシストがないミッドレンジパフォーマンスクラスの他の市場向けにも提供される予定です。このエンジンのモデル名称は「20i」です。

 

関連記事