toggle
2018-12-05

年末につきM PERFORMANCEステアリングを仕入れて交換する


12月になるとステアリングホイール(以下、ステアリング)を度々ご注文を頂きます。理由はよく分かりませんがクリスマスプレゼント(?)、年末年始のまとまった休暇にクルマいじり(?)なんでしょうか。

ステアリングを交換するとクルマに対する印象がよりソリッドになるのでライトチューニングとしてオススメしていますが、人それぞれステアリングを交換するには理由があるようです。

お客様A
「現在は標準のレザーステアリングなんですが、送りハンドルのためハンドルを回す度に、奥様から「シャーシャー摺れる音がうるさい!」と言われる。何かいいステアリングは無いですか?」
お客様B
「元カノが触ったステアリングを触りたくない!」と言われた。
お客様C
「ユーズドカーなので手に触れるステアリング、シフトレバー、ハンドブレーキグリップを交換したい。」
筆者
「デモカー用に在庫していたCSモデルアルカンタラステアリングが売れてしまった。」

お客様Aの「シャーシャーうるさい」というのは、ワタシも家内から言われたことがあります(泣)。

F系Mモデル(F87_M2、F80_M3、F82_F83_M4)用に装着可能なM PERFORMANCEから出ているステアリングを3種類ピックアップしました。G系Mモデル(F90_M5)用のM PERFORMANCEステアリングは現状確か1種類について画像は出ていますが、まだ部品番号が採番されていません。Mモデル以外のG系モデル用としてもM PERFORMANCEステアリングは販売されていますが、残念ながらオプションコードS5ATA:Driving Assist Plusに非対応なので日本仕様のクルマには取り付け出来ません。今後順次発売されるまで少し待ちましょう。

F系Mモデル用としてピックアップしたのは以下の3種類になります。すべての商品についてお気軽にお問い合わせ下さい。

■M Performance Alcantara Steering Wheel with Carbon Finisher
 参考販売価格 ¥141,000-(税込、送料込)
※ステアリングとステアリングカバー(カーボン/オープンポア)のセットとして供給されます。ステアリングのみを単品購入することは出来ません。ステアリングカバー(カーボン/オープンポア)を単品購入することは可能です、価格は¥49,000-(税込、送料込)。セット購入が断然お得です。バーゲンプライス?

■F80_M3CS,F82_M4GTS_CSモデル専用M Sports Alcantara Steering Wheel
 参考販売価格 ¥126,000-(税込、送料込)※ステアリングホイールのみ
F80_M3、F82_F83_M4のCSモデル(F82_M4 GTSモデル)に標準装備されているステアリングになります。上のアルカンタラステアリングのセンタリング識別レザー(青部分)がパンチング加工となります。デモカー用として在庫していたのはこちらのステアリングになります。アクセサリーパーツとしては供給がないのでスペシャル感はアリアリですね。このステアリングにカーボンのステアリングカバーを組み合わせているオーナーさんはまだいません。DIYでIndividual(笑)?

■M Performance Pro Steering Wheel
 参考販売価格 ¥126,000-(税込、送料込)※ステアリングホイールのみ
BMWジ◯パンのアクセサリーカタログでは”M Performance スポーツ・ステアリング・ホイール II”と明記されていますが、正式名称は“M Performance プロ・ステアリング・ホイール”です。”プロ”ですよ皆さん。レザーとアルカンタラのコンビでフラットボトムです。ステアリングカバーはインテリアに合わせて、M2の場合はマットカーボンが、M3、M4の場合はハイグロスカーボンが推奨されています。ステアリングとステアリングカバーをセット購入される場合は、カーボンのタイプに関わらず、参考販売価格 ¥165,000-(税込、送料込)となります。因みに、ディーラーでの販売価格は¥200,340-(交換工賃別)になります。

デモカー用に中段の”M Sports Alcantara Steering Wheel”を再度仕入れようかと考えていましたが、下段の“M Performance Pro Steering Wheel”に心奪われました。こちらを仕入れることにします。もちろんカバーもセットで。ステアリング交換は費用対効果の高いライトチューニングです、オススメします。万が一ステアリング交換方法が分からない方のために、もちろん交換説明書を添付します。至って簡単な作業です。

Mモデル以外にも装着可能です。その場合はオプションとしてシフトパドルも併せて交換してみたらいかがでしょうか。ステアリングと同時注文の場合は¥7,600-(税込、送料込)になります。下図左がシリーズの標準タイプ、右がMモデルタイプとなります。ワタシのような手が小さな人間はMモデルタイプの方が操作しやすいです。

最後に、販促資料から各グレードのステアリング構造について、この構造の違いがソリッド感の差に通じるんでしょうね。

※記事中で紹介した販売価格は2018年12現在のものです。為替の変動により若干ながら価格が変動することをご了承下さい。

#BMW #M #PERFORMANCE #steering

 

関連記事