toggle
2022-12-16

(Tech Info)BMW車のノンランフラット タイヤ装着


#BMW #ランフラット #タイヤ #装着 #交換

予備作業
タイヤの取外し準備

・ホイールとタイヤを清掃する。
・バルブ コアを取り外す。
・それに伴ってタイヤがエア抜きされる。
・必要に応じて、バランス ウェイトを外す。

主作業
タイヤの取付け準備

・ホイールとタイヤを清掃する。
・ホィール リムにバリ、摩耗、その他の損傷がないか点検する。
・タイヤ ビードを清掃し、損傷をチェック。
・ホイール エレクトロニクスの損傷を点検し、必要に応じ新品交換します。
・タイヤバルブはホイール エレクトロニクスの取り外し後に新品交換すること。

タイヤを取り付ける

・タイヤの取付けに関する作業手順は、各組立て機械メーカーの取扱説明書を参照すること!

仕上げ作業
タイヤの充填/空気注入

・取付け補助ツールをすべて外す。
・ホイールを確実に固定する方法を用いること:ホイールを固定装置に取り込む。
・タイヤにエア ( バルブ コアなし) を充填する。
・タイヤ空気圧を 3.3 bar まで徐々に上げる(スプリング圧)。
・タイヤ ビードが全体的にリムフランジ内に滑り落ちない場合、絶対にこれ以上圧力を上昇させないこと。
・必要の応じてエアを排出し、タイヤ ビードをもう一度押し出す。
・リム フランジとタイヤにタイヤ取付けペーストを塗布する。
・タイヤに 3.3 bar まで空気を入れる。
・タイヤ ビードがリム フランジに正しく合っている場合、タイヤ空気圧を設定圧力最大4.0 バールまで上昇させる。

M 車両のみ:

・タイヤ空気圧を 4.0 ~ 4.5 bar の設定圧力まで上げる。
・タイヤをホイール リムに完全にはめ込むには、4.0 ~ 4.5 bar のタイヤ空気圧を最低 15 分間保持すること。
・バルブ コアをねじ込み、スペシャル ツール 2 456 828  で締め付ける。
・チャージ圧を修正します。

タイヤ ビードの座りの最適化

・タイヤに空気を注入した後に、タイヤ ビードの座り 1 を内側と外側で最適化する。
・タイヤ ビードはエア ポケットがない状態で、直接ホイール リムに密着していなければならない。それによりタイヤのスムーズな回転が最適化される。
・ホイール リムの隣のタイヤサイドウォールをプレス ローラー 2 で軽く押し込む。
・ホイールを回す。
・タイヤとホイール リム間のエアが逃げる。
・タイヤのバランスを調整します。

タイヤデータ(ホイールエレクトロニクス)をプログラミングする

・タイヤまたはホィール エレクトロニクスの交換後は、タイヤのホイール エレクトロニクスを再プログラミングする必要がある。
・プログラミング可能なホイール エレクトロニクスが 2 分以上無圧状態 (タイヤが取り外された状態) になると、ホイール エレクトロニクスに書き込まれているタイヤ データ セットが消去される。
・プログラミング可能なホィール エレクトロニクスは、スペシャル ツール (RDC Tool) を使用してタイヤ サイド ウォールの QR コードから読み取ったタイヤ データ セットで再プログラミングする必要がある。
・新しい略語:タイヤにQRコードがない場合は、スペシャル ツール(RDCツール)を使用してタイヤデータを手動でプログラミングする必要があります(フローチャートを参照)。
・正確な手順については、スペシャル ツール (RDC Tool) の取扱説明書を参照する。
・スペシャル ツールでタイヤからタイヤデータ(QR コード)をスキャンする。
・スペシャル ツールでタイヤデータをホイール エレクトロニクス 1 にプログラミングする。
・タイヤ空気圧を調整します。
・セントラル インフォメーション ディスプレイ (CID) でタイヤ検知を開始する。
・SA 8WE仕様:必要に応じて、タイヤデータを手動で入力する。

 

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。