サイトアイコン wright-company.net

BMWAG’s position on automatic transmissions

BMWAG’s position on automatic transmissions.
NOTES FOR SERVICE
SERVICE FUNCTIONS
A oil-level check/adjustment must be performed using the “Transmission control: oil-level adjustment” service function with the diagnosis system.

A oil change is recommended after 120,000 km since losses in comfort may occur over time despite the life-time oil filling. The reasons for this are mainly ageing and wear of the fluid, which can lead to a reduction in the additives in the automatic transmission oil depending on the load and driving style. An oil filter kit is offered for the oil change in the automatic transmission. It contains all of the parts that are needed for a oil change. The customer may describe the following fault patterns:

• Gearshift jolts
• Jerking while shifting
• Shift delays
• Shifting and movement noises

These fault patterns are significantly improved by an oil change, provided there is no mechanical fault in the automatic transmission. Therefore, an oil change should be recommended to the customer after 120,000 km. After the oil change and a short run-in phase, the customer will immediately notice a considerable improvement in comfort. In the automatic transmission, wear can be minimised and thus the total mileage can be improved.

When topping up with the transmission oil, ensure that the vehicle is secured against rolling away and is parked on a horizontal surface.

An oil-level adjustment is necessary in case of certain fault memory entries in the automatic transmission and after repairs (e.g. mechatronics exchange, converter exchange, transmission exchange).

The required oil quantities may vary with each oil change. It is important to follow the repair instructions for the oil-level adjustment. Only use the automatic transmission oil that is suitable for the vehicle in question. For part numbers, see EPC or repair instructions.

Only remove the transmission oil sump when cool.

DIAGNOSIS AND FAULT ELIMINATION
If there is a leak in the area of the oil sump, it must first be checked whether the liquid is condensation or oil (rub the liquid between your fingers or smell it). If it is water, no repair is necessary since it is probably condensation from the drainage hose of the heating and air conditioning system.

After checking the screw connections for a tight fit (close to the leakage) using the tightening torques, clean the oil-coated components and mounted parts with cold cleaner. After cleaning, apply powder spray to the dry components and let the drying time elapse. After the drying time, perform a lengthy test drive.

Following the test drive and after the vehicle has cooled down, search for the leak. Light “perspiration” of the sealing rings and screws the transmission is acceptable. If droplets still form, only replace the affected components as instructed in the approved repair instructions.

Complaints by the customer regarding the shift quality may have many causes (if there is no fault memory entry):

• Overall vehicle software version
• Adaptation values
• Drivetrain condition
• Engine design/Transmission design

A turbine-type noise when reversing slowly is not caused by a fault in the automatic transmission but by unfavourable tooth meshing noises in reverse gear. This noise does not result in failure of the automatic transmission.

サービスに関する注意事項
サービス機能

オイルレベルの点検/調整は、診断システムによるサービス機能「トランスミッション制御:オイルレベル調整」を使用して行う必要があります。

ライフタイムのオイル充填にもかかわらず、時間の経過とともに快適性が損なわれることがあるため、12万km走行後にオイル交換を行うことをお勧めします。その理由は、主にフルードの経年劣化と摩耗で、負荷やドライビングスタイルによってオートマチックトランスミッションオイルに含まれる添加剤が減少することがあります。オートマチックトランスミッションのオイル交換には、オイルフィルターキットが提供されます。オイル交換に必要な部品がすべて入っています。お客様からは、以下のような故障パターンがあるとのご指摘を受けることがあります。

ギアシフトの振動
シフトチェンジのジャーク
変速の遅れ
変速音や動作音

これらの故障パターンは、オートマチックトランスミッションに機械的な故障がない場合、オイル交換によって大幅に改善されます。したがって、120,000km走行後にはオイル交換をお客様にお勧めします。オイル交換後、短期間の慣らし運転を行うと、お客様はすぐに快適性が大幅に向上していることに気がつくでしょう。オートマチックトランスミッションの場合、摩耗を最小限に抑えることができるため、総走行距離を向上させることができます。

トランスミッションオイルを補充する際は、車両が転がり落ちないように固定し、水平な場所に駐車してください。

オートマチック・トランスミッションに特定のフォルト・メモリがある場合、および修理後(メカトロニクス交換、コンバーター交換、トランスミッション交換など)には、オイルレベルの調整が必要です。

必要なオイル量は、オイル交換のたびに異なる場合があります。オイルレベルの調整については、修理の指示に従うことが重要です。当該車両に適合したオートマチックトランスミッションオイルのみを使用してください。部品番号については、EPCまたは修理説明書を参照してください。

トランスミッションオイルサンプは、冷めてから取り出してください。

診断と故障の除去

オイルサンプ付近で漏れがある場合、まずその液体が結露なのかオイルなのかを確認する必要がある(液体を指でこすったり、匂いを嗅いだりする)。水であれば、エアコンのドレンホースからの結露と思われるので、修理の必要はない。

ねじ接続部が締め付けトルクで締まっているか(漏れに近いか)確認した後、油の付着した部品や取り付け部をコールドクリーナーで洗浄します。洗浄後、乾燥した部品にパウダースプレーを塗布し、乾燥時間を経過させる。乾燥時間経過後、長時間の試運転を行う。

試乗後、車両が冷えてから、漏れを探します。シーリングリングやトランスミッションのネジに軽く「汗」をかく程度であれば問題ありません。それでも水滴がつく場合は、承認された修理説明書の指示に従って、影響を受けるコンポーネントを交換してください。

シフト品質に関するお客様からの苦情は、多くの原因が考えられます(フォルトメモリの入力がない場合)。

車両全体のソフトウェアバージョン
アダプテーション値
ドライブトレインの状態
エンジンの設計/トランスミッションの設計

減速時のタービン音は、オートマチックトランスミッションの故障ではなく、リバースギアの歯の噛み合わせが悪いために発生するものです。このノイズは、オートマチックトランスミッションの故障につながるものではありません。

 

モバイルバージョンを終了