toggle
2022-07-25

(クルマいじり)BMW さまざまなコネクターのロック解除と取外し


#BMW #コネクター

暑い夏こそクルマいじりの季節です。気温が高いので樹脂パーツの欠損が起きにくい利点があります。ですが手順を間違えるとコネクターをダメにしたり、最悪は断線の危険も伴います。BMW車に装着されるコネクターの取扱についての資料を見つけましたので活用して下さい。

ロックを押し、解除ブラケットを矢印方向へ開ける。

コネクターを外す。
ロックを押し、解除ブラケットを矢印方向へ開ける。

コネクターを外す。
解除ブラケットを矢印方向へ開け、コネクターを矢印方向へ外す。
ロックを押し、コネクターを矢印方向へ外す。
ロックを押し、コネクターを矢印方向へ外す。
ロックを押し、コネクターを矢印方向へ外す。
ロックを押し、コネクターを矢印方向へ外す。
ロックを押し、コネクターを矢印方向へ外す。
ロックを押し、コネクターを矢印方向へ外す。
集中ロックを押し、コネクター接続を外す。
集中ロックを押し、コネクター接続を外す。
集中ロックを押し、コネクター接続を外す。
集中ロックを押し、コネクター接続を外す。
ロックを押し、解除ブラケットを矢印方向へ開ける。

コネクターを外す。
集中ロックを押し、コネクター接続を外す。
ロックを引き出して押す。

コネクターを外す。
集中ロックを押し、コネクター接続を外す。
集中ロックを押し、コネクター接続を外す。
集中ロックを押し、コネクター接続を外す。
コネクター (例えばパワー ディストリビューション ユニットの):

適切なツール (1) で開口部 (2) に押し込む。

コネクター (3) を上方に抜き取る。
コネクター (例えばパワー ディストリビューション ユニットの):

ロック (1) を適切なツールで持ち上げる。

コネクター (2) を上方に抜き取る。
耐振高性能エンジン コンタクト:

注意!
このコネクター タイプでは分離および接続時に大きな力が発生するので注意すること!


分離:

まずロック (1) を矢印方向にリア側へと引き出す。

次にロック (1) を矢印方向へ下向きに押し、コネクターを引き抜く。
閉じる:

コネクター(1)を矢印マークが付いた箇所に終端位置まで押し込む。

コネクター(1)はロック上から押し込まないこと。

コネクター(1)は終端位置にあり、ロック(2)はまだロックされていない状態。

ロックの先端(2)が所定の箇所(3)から見えるようになるまで、ロック(2)を矢印方向に押し込む。

フロント ライト アセンブリー コネクターのロック解除 / ロック & 損傷後のハウジング交換:
レバーのロックが解除されてレバーを動かすことができるようになるまで、レバーロックの両側を押し込む。

エンド ポジションでロックされるまでレバーを上に動かす。

レバーがエンド ポジションでロックされたら、コネクターを上に向かって取り出す。
それぞれのロック ストラップを持ち上げて、ソケットハウジングをロック解除する。

ロック解除後、ソケット ハウジングを押し出す。
ソケット ハウジングをストップ位置まで差し込む。

ソケット ハウジングをエンド ポジションでロックする。
ストップ位置まで差し込む。

レバーを動かして、差し込み工程を下に向かって開始させる。

重要: 両側がロックされるのは、差し込み工程が完全に行われた場合のみ。
Rosenberger D4S20G-400A5-Y

両側を押してロック解除する。
15 極ピン ハウジングMLK1

A & B。単一コネクターの損傷を防止するために、複数の単一コネクター (1) & (2) からなる複合コネクターは、コネクターを分離する前に必ず外しておくこと。

C:外された複合コネクター
複合コネクターの分離:

キャッチ フック (1) を矢印方向にロック解除する(詳細図に表示されているのは単一コネクターのキャッチ フック)。
コネクター (2) を矢印方向にコネクター (1) から外す。
エアバッグ点火回路コネクター

警告!
コネクターを分離する前に、エアバッグ システム装備車両での作業時のための安全に関する注意事項をご覧ください。
キャップ (1) を矢印方向に引いてロック解除する
フロント ライト ユニットやテール ライト ユニットなどのコネクター

ロック解除安全装置 (1) を適当なツールで矢印方向に開く。

ロック解除レバー (2) を矢印方向に押し、コネクターを分離する。
例えばエアバッグ点火回路内のコネクター

ロック (1) を押し、コネクター (2) をロック位置まで引き出す。

コネクター(2)を外す。

 

関連記事