toggle
2020-11-11

(BMW Individual)インテリアトリムは2パターンの組合せがイイですね


通常、車をオーダーする際はボディーカラーと同様に、選択可能なパターンの中からインテリアトリムを指定します。年々インテリアトリムのデザイン、品質は向上してはいますが、残念な事にその選択肢は少なく、またインテリアトリムは車内では一様です。

ビスポークとまでは言いませんが、ダッシュボードカバーパネルはアルミメッシュ、センターコンソールカバーはピアノブラックなんて組合せが部品屋の希望です。その辺りはイタ車が得意ですね。

BMWでも7月に売り出されたG07 X7の“Dark Shadow Edition”でソレをやっていますね。

上部のダッシュボードカバーパネルがIndividual fine wood Fineline cross black/alum.で下部のセンターコンソールはピアノブラックの組合せです。この組合せはとてもシックで素敵ですね。単品パーツを組み合わすことによってこういった自分だけのインテリアを構築することが可能です。下図はDark Shadow Editionの文字が入っていますが、文字が入らないピアノブラックセンターコンソールカバートリムも存在します。因みに、このInd. fine wood Fineline cross black/alum.はG05X5,G06X6,G07X7に設定があります。格好イイです。

納車後にインテリアトリムを変更するなんてと思われるかも知れませんが、弊社のお客様にはすべて変更する、組み合わせて変更する方が多いです。拘りたいんです。シートのカラーを変えるのはなかなか難しいですがインテリアトリムなら何とか手が出ます。

お乗りのおクルマのインテリアを変更したい方はお気軽にお問い合わせ下さい。手配可能なトリムをご紹介させて頂きます。

先頃発表されたG22 4シリーズでは、本来であれば下記のインテリアトリム、シート、ボディーカラーが選択可能です。折角オンラインオーダーシステムを構築したんですから、日本市場にも導入してほしいものです。費用が掛かる?他国よりも多くのお金を支払っていますよ。

インテアリアトリム

シート

ボディーカラー

#BMW #インテリア #トリム #ビスポーク #ダッシュボード #コンソール #カバー

 

関連記事