toggle
2018-09-25

(Record-4)Edit BMW F80 M3


Date : 2018/09/25(Mon)
Mileage : 5,276 km

Parts List :
1)///M PERFORMANCE フロントキドニーグリル(ハイグロス ブラック) 左右 1セット ¥44,000-(Amazon)
2)BMW USA限定 バルブキャップ(ブラック BMWロゴタイプ)1セット ¥2,790-

キドニーグリルはクロームタイプのモノが気に入っていたので交換する気は無かったのですが、以前から会社にあった在庫品を見ているうちに気が変わりました。ブラックもいいかなと、、、。早速交換しました。BMWジャ◯ンのアクセサリーカタログを見ても分かりますが(作業時間:70分)、F3X、F8X系に関してはキドニーグリルの脱着は面倒です。公式の作業マニュアルではバンパーを外して、グリルを交換する様ことが指示されています。が、そんな面倒なことを実行する環境も時間もありませんので力業で交換しました。因みにG3X系は交換が大変簡単です。

交換前です。クロームタイプも格好イイです。向かって右をそのままのクロームタイプを残して、左側だけブラックしちゃおうかとも考えましたが、思いとどまりました。

ウェザーストリップを外します。センターが分かる様にホワイトマーカーをしました。

ウェザーストリップを外すと2サイズのトルクスヘッドボルトが現れますのでコレ等を外します。

今回の交換作業で使用する工具は、電動ドライバー、トルクスビットだけです。あとは手作業で行います。手作業=簡単な作業と考えがちですが、実際は手作業=面倒な作業ということです。

トルクスボルトを全て外し、下図赤丸のクリップからバンパーを外します。このクリップは4箇所あるんですが、そのうち1つが最初から外れていました。

作業途中で見つけた///Mマーク。こういった///Mマークがエンジンルームに沢山あります。Mモデル専用パーツになります。

グリルを脱着しますから周辺に養生テープを貼ります。上の矢印部分から手を差し込んで、丸部分にあるクリップを外します。ボディの外側から内側の順番で外します。この作業が力業になります。長袖の何かを着て作業することをオススメします。

左右とも外したら、新しいグリル填め込みます。嵌めるのは取り外した手順とは逆の順番で行います。簡単に嵌まります。養生テープを剥がして完成です。ココまでの作業時間は約30分でした。ブラックタイプに変えてキリッとしました。交換してみるとやはりブラックがいいですね(笑)。

次に、BMW USA限定 バルブキャップ(ブラック BMWロゴタイプ)へ交換しました。ホイールが汚くてスミマセン。

F80 M3のブラック化はまだまだ続きます。次回はサイドグリルをブラックタイプへ交換する予定です。でもコレは純正品ですが品質がイマイチなんですよね。とは言っても生産中止モデルですから今後パーツの供給が減少していきますので贅沢は言ってられません。ブラックタイプのキドニーグリルも先月に欠品していたのを見かけました。

 

関連記事