toggle
2018-05-10

(Tech_INFO)BMW車のスタート/ストップ スイッチの交換ーその2


以前のブログ記事でBMW_FモデルとGモデルのスタート/ストップ スイッチの交換方法を掲載しましたが、F30のお客様で作業に自信が無い、果たして自分で交換出来るのかという問い合わせを頂きましたので、実際にその作業をやってみました。

2、3分で終わります。
準備するモノは、養生テープ少々、内装外しツール(無ければゼムクリップ2、3個)。

Fモデルのスタート/ストップ スイッチはこの形状になります。押し嵌めてあるだけです。

スイッチの周りに保護として養生テープを貼ります。

事務所には、内装ツールが無かったのでパソコン・携帯バラシツールを流用しました。1本で足ります。

ツールの先端をスイッチの外周部分にすこしだけ挿入して引っ張ります。直ぐにスイッチが浮いてきます。

引き出します。

コネクターを外します。ここでコネクターをスイッチが嵌まっていた穴に落ちない様に注意します。落ちたら面倒なことになります(笑)。

レッドボタンにしたい方はここでスイッチを交換します。元あった場所に押し込んで終了です。

ね、簡単でしょ。

現在、BMW純正部品 エンジン スタート ストップ ボタン レッド MSA F82,83_M4CS、F80_M3CS、F87_M2コンペティション 1,2,3,4シリーズ用はサンプル品が在庫1つだけあります。ご希望の方はライトカンパニー@アマゾンストアからお求め下さい。追加注文の場合は2、3週間で取り寄せ出来ます。

注記:
レッドボタン部分だけを中華製のモノに交換されている方を見受けますが、海外でトラブル多発していますので、お止めになった方が賢明かと思います。使用していくうちにスタート・ストップ出来なくなるようです。何年か前に流行ったスバル車の時もトラブル多発してましたね。お気を付け下さい。

 

関連記事