サイトアイコン wright-company.net

(Edit BMW G29 Z4)12.1 ステアリングホイールヒーター工完

#BMW #G29 #Z4 #M40I #ステアリングホイールヒーター

トルクスソケットが到着したので早速作業再開です。元々付いているステアリングホイールを外すのに力が要りましたが、後工程は老眼と格闘しながらも難なく作業し工完しました。

車両から取り外したステアリングホイールです。これを分解します。ほとんどのパーツは流用します。

フルヌードです。シフトパドルのコネクタを外す際は注意が必要です。

流用パーツを組み付けていきます。年齢を重ねると共に記憶力が低下していますので定期的に写真に記憶すると安心して作業出来ます。下図の赤丸のコネクターがヒーター用です。青丸のコネクターはスイッチ用です。Mモデル用トリコロールカラーのステッチがオシャレです。

パーツの組み付け完了です。ココで注意事項です。ステアリングホイールをご購入下さったお客様から、穴にネジが切っていない、エアバックユニットが浮くなどのクレームが入ることがあります。止まり穴にネジは切ってありません。タッピングネジですからガァーッと締め付けて下さい。取付後にエアバッグユニットが浮くのは、ホーンプレート(ステアリングホイール中央、C形状のプレート)の締め付けが不足しているためです。面倒でもかなり頑張って締め込んで下さい。稼働量2mm程度が適当と思われます。

新しいステアリングホイールをクルマへインストールし、その後レトロフィットしたことを登録します。VOにFAを追加し、ステアリングヒーターの有無が影響を及ぼす車載ECUを書き換える必要があります。今回は14基のECUがその対象でした。

完成形です。

今回、カーボンのステアリングホイールカバーはG8X系Mモデル用をセレクトしました。大変格好イイです。以前までのシルバーカラーのカバーでは日光が反射して眩しい場面が度々ありましたが、こちらはスポークの角穴が貫通タイプなので、そのような現象を抑止することが出来ます。

動作確認します。問題ありません。

外気温10℃以下で、シートヒーターと併せて自動起動する様に設定します。

折角なので、高額ですがステアリングホイールヒーターを装着したい少数派の方にパーツセットをご提案します。

BMW純正 G2X G8X 用ステアリングホイールヒーターセット
販売価格 ¥214,000- (税込)
(注1)販売価格は2023年01月18日現在のものです。価格は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。
(注2)販売価格は標準のセット内容となります。各車両の装備により追加パーツが発生する場合があります。
(注3)詳細につきましては、ご注文前に、車台番号を明記の上、お問い合わせ下さい。
STORESショップ(AmazonPay対応)でのご購入はこちらから。

(標準のセット内容)

*ステアリングホイールはG8X系Mモデルのモノを手配します。 カーボンのカバーも手配可能です。

(適合シリーズモデル)

*他シリーズモデルにつきましてはお問い合わせ下さい。
*上記シリーズモデルにおいても装備上の理由から取り付け出来ない場合があります。

 

モバイルバージョンを終了