toggle
2022-06-30

(豆知識)BMW車のノイズ・リダクション・タイヤ


ノイズ・リダクション・タイヤ
BMWのさまざまなモデルに採用されているノイズ低減対策タイヤは、内部に発泡体の層が追加されています。タイヤが路面を転がることで発生する振動は、発泡スチロールの層によって大部分が吸収されます。その結果、車内のノイズレベルが大幅に低減されます。タイヤのメーカーにもよりますが、発泡材を加えていない従来のタイヤに比べ、車内の騒音レベルを最大で約20%低減することができます。

メーカーによっては、ノイズ低減対策を施したタイヤは様々なサイズが用意されています。ホイール交換の際には、ヒスノイズ、ハムノイズ、ドローン・ノイズなど、車内の騒音レベルの上昇に関するお客様からのクレームを避けるため、この事実をお客様にお伝えください。

BMWグループの車両では、このタイヤテクノロジーはモデルによって両軸または片軸に使用されています。

タイヤメーカー
タイヤメーカーは、騒音低減のためのタイヤ技術を様々なラベルで表示しています。同様に、インサートやその配置も様々です。

サービスに関する注意事項
発泡スチロールを使用したタイヤでも、モバイルサービス機器のシーラントを使用することができます。同様に、発泡スチロールのタイヤは、パンクした時に必要であれば加圧処理することができます。しかし、ここでは国内市場特有の仕様を考慮しなければならない。

アクセサリー市場では、タイヤ修理を行うために、フォームインサート用のタイヤ修理キットが販売されていることがある。しかし、BMW では、このような修理は許可されていない。

 

関連記事