toggle
2022-06-20

(最終バージョンかも)BMW 6シリンダーエンジン B58TU2


#BMW #B58 #B48 #B38 #TU #TU2

BMW車の最大の魅力はやっぱりエンジンじゃないですか。2022年はEuro 6d Real Driving Emission 2 standardをクリアするためにBX8(B38,B48,B58)エンジンがアップデートされます。但し、日本の排ガス規制は少し条件が異なるため旧バージョンのエンジンが引き続き採用されるかも知れません。

取り敢えずお近くのBMW正規ディーラーで最後の内燃機関車を新車で買って下さい。EVへの移行はそれからでも充分間に合います。

6気筒ガソリンエンジンB58TU2は、B58TUエンジンの改良型で、ミドルラインクラスに市場投入するG07 LCIに搭載されています。
B58TU2エンジンは、B58TUエンジンと比較して、以下のような変更点があります。

初採用のE-VANOS

初採用の排気シフトカムシステム

燃焼室形状

MILLER COMBUSTION PROCESS(ミラー燃焼プロセス)

二酸化炭素排出量の削減を目的としたEUの要求がより厳しくなったため、BMWのガソリンエンジンの効率を高めるためのさらなる措置が求められています。効率向上と消費削減のための選択肢のひとつが、シリンダーへの新鮮な空気の充填を調整するミラー燃焼プロセスの採用です。ミラー燃焼プロセスは、BMW X1 iDrive25eのシリーズ発売以来、BMWのガソリン・エンジンに採用されています。今回使用されるB38A15M0以降のエンジンでは、ミラー燃焼プロセスは、可変カムシャフト・タイミング制御と完全可変バルブトロニックによって、その程度を抑えて実施されています。実装は、エンジン制御の対応するソフトウェアアプリケーションによって行われます。U06 の B38TU2 エンジンには、前述の 2 つのシステムに加えて、シリーズ導入以降、インテーク・カムシャフトが変更されます。これは、すべてのBx8TU2エンジンに適用されます。

DUAL INJECTION(デュアルインジェクション)

内燃機関では,混合気調製法の品質が極めて重要である。混合気の品質は,その後の燃焼におけるエネルギー変換と排ガスに大きな影響を与える.従って、効率と排気ガスに関しては、点火時期まで噴射された燃料の完全な気化、および通常は広範囲な均質化を達成することが目標である。原則的に、噴射は内部混合気調製と外部混合気調製の間で区別される。内部混合気調製では、燃料は高圧燃料噴射弁を介して燃焼室に直接噴射される。外部混合気調製では、燃焼室の外側にある噴射弁から噴射する。

Bx8TU2エンジンは、BMWのガソリン・エンジンとして初めてデュアル・インジェクションを採用し、直噴(内部混合気調製)と吸気管燃料噴射(外部混合気調製)を1つのシステムで実現しています。

この組み合わせにより、コールド・スタート時や加速時など、あらゆる状況下で現在および将来の排ガス規制の厳しい閾値を確実にクリアすることができます。特に、デュアルインジェクションは、燃焼中のパーティクル発生を抑制します。均質な燃料と空気の混合物の燃焼中に、なぜ特定の運転範囲で粒子が発生するのかについての情報は、ガソリン粒子状物質のフィルターの記事で見ることができます。

ACTIVE IGNITION COIL(アクティブイグニッションコイル)DME 9の登場により、新しいアクティブイグニッションコイルを搭載し、よりパワフルなイグニッションシステムが誕生しました。これまでの点火システムとは、機能面でも操作面でも異なります。そのため、いくつか注意しなければならない点があります。点火システムの役割は、あらゆるエンジン運転状態において、燃料と空気の混合気を確実に点火させるために、エネルギーを燃焼室に運ぶことです。Bx8TU2エンジンの点火システムは、燃費とスムーズな回転性能の要求が高まっているため、より多くの要求があります。これらの要求に応えるため、スパーク電流とスパーク時間をDMEで自由に調整できるアクティブイグニッションコイルが開発されました。これにより、アクティブイグニッションコイルの火花エネルギーは、100mJから最大650mJまで増加します。

新しいイグニッションシステムの主な構成は以下の通りです。

– 第9世代デジタルモーターエレクトロニクス(DME 9)
– アクティブイグニッションコイル
– スパークプラグ

イグニッションコイルは、異なるサプライヤー(デルファイ社およびエルドー社)のものが使用されています。従来通り、新しいイグニッションシステムは、各シリンダーに個別のイグニッションコイルを搭載し、コイルはシリンダーヘッドカバーに直接配置されています(スタティック・イグニッション・ディストリビューション)。イグニッションコイルの取り付けは、1本のネジで行います。以前の点火システムでは、点火コイルはパッシブであった。点火出力段は、従来はエンジン制御の一部であり、精巧な冷却システムが必要でした。新しいイグニッションシステムでは、点火出力ステージはイグニッションコイルに統合されています。点火出力段からの熱は、イグニッションコイルハウジング上のヒートシンクを介して周囲に放散されます。デルファイとエルドーの新しいイグニッションコイルは、機能的に同一であるため、交換することができます。図には両方のイグニッションコイルが示されています。

 

関連記事