toggle
2022-03-18

(de・tail)BMW G42 2シリーズ クーペ


サイズ、ADAS(Advanced Driver-Assistance Systems,先進運転支援システム)を考慮した場合、上がりのクルマにイイかも知れません。少しやんちゃなジジイ御用達モデルです。

G42.

G42は第2世代のBMW2シリーズ・クーペであり、したがってF22の後継モデルである。F22と比較すると、G42はフロントとリアが広く、トラック幅も広く、全長も長く、極めてフラットです。そのため、G42は先代よりもスポーティなモデルとして位置づけられている。
ニューBMW 2シリーズ クーペの優れたスポーツ・キャラクターは、寸法やデザインから重量配分、ボディ構造、ドライブ&シャシー・テクノロジー、インテリアのデザインに至るまで、あらゆる細部が一貫して運転中の楽しみを最大限に高めるために最適化された車両コンセプトに基づいている。コンパクト・モデルの駆動コンセプトの選択、エンジン・テクノロジー、シャシーおよびサスペンション・コンポーネントのコンパイルに際しては、上位車種の中でも特にスポーティなBMWモデルからヒントを得ました。例えば、もともとニューBMW 4シリーズ クーペのために開発された技術革新は、コンパクトな2ドア・モデルにもモデル専用バージョンとして採用されています。
G42には、Mスポーツ・パッケージ(OE 337)とMスポーツ・パッケージ・プロ(OE 33B)が用意されています。これらは、車両のスポーティなキャラクターを強調するものでもあります。

MODELS.

今回の市場導入により、3モデルが揃ったことになります。BMW 220d sDriveは、48Vスターター・ジェネレーターと48V電気システムを備えたマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを採用したモデルです。

TECHNOLOGY .

BODY

G42のアウトサイドドアハンドルは、G26と同様、面一になっています。を使用して開錠する必要がある場合、機械式車両キーは、アウトサイドドアハンドルを先に引き抜く必要があります。

その他、G42に搭載されたボディのハイライトは、

  • アコースティックフロントウィンドスクリーン標準装備
  • バーやメッシュのないデザインのラジエターグリル
  • M240i xDrive、Mエクステリアミラーキャップを標準装備 Mスポーツシート(OE 711)を設定。

先代モデルとの比較では、空力音響が改善されています。また、現行8、6、4シリーズに採用されているドアシールコンセプトが採用されたことも、さらなる進化を遂げています。
Mテクノロジー・パッケージには、車両専用のスポーツ・タイヤと、ワイド・リム・デザインの19インチ軽合金ホイールが含まれています。法的要件を満たすため、19インチ軽合金ホイールのフロントとリアには、ボディ・カラーのホイール・アーチ・ワイドニングが装着されています。

DRIVETRAIN

G42は、3種類のエンジン仕様で市場導入を開始する予定です。駆動方式は、ガソリンエンジン2種類とディーゼルエンジン1種類です。すべてのエンジンは、排出ガス規制ユーロ6d(RDE2)に適合しています。ガソリンエンジンには、ガソリンパティキュレートフィルターが装備されています。ディーゼルエンジンにはディーゼル・パティキュレート・フィルター、NOx吸蔵触媒、SCR3(Selective Catalytic Reduction 3)の排気ガス後処理装置が搭載されています。
G42では、8速ステップトロニックトランスミッションGA8HPTU2を標準装備し、パワーを伝達する。8速ステップトロニックトランスミッションの特徴は、急激な中間加速をサポートするスプリント機能である。
BMW 220d sDriveモデルは、48Vスターター・ジェネレーターを搭載したマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを採用しています。48Vの強力なスターター・ジェネレーターにより、始動動作が大幅に高速化され、始動動作がほとんど目立たないため、快適性が向上しています。その結果、48 V車両電気システム搭載車では、オートマチック・スタート/ストップ機能のスイッチオフ・ボタンが省略されています。

CHASSIS

G42のサスペンションは、G22から派生したものです。先代車F22と比較すると、ステアリングとブレーキの特性がより正確になり、全体的にハンドリングが良くなっています。ドライビング・ダイナミクスが向上したにもかかわらず、先代モデルで慣れ親しんだ快適性は維持され、転がり心地や転がり音も実際に改善されています。
F22と比較すると、G42はリアアクスルの幅が31mm広くなっています。この結果、コーナリング時のサポート性が向上しています。さらに、G42のすべてのサスペンションバージョンでは、10mmのローダウンサスペンションが採用されています。
他のシリーズですでにお馴染みのように、G42には油圧式ストローク可変ショックアブソーバーを備えたベーシック・サスペンションとMスポーツ・サスペンションが装備されています。

ELECTRICAL SYSTEM

G2xと同様に、ウィンドウウォッシャーノズルをワイパーアームに内蔵したワイパーもG42に搭載しています。ウィンドウウォッシャーノズルから選択的に水が噴射され、それに伴って圧力が高まるため、ウィンドウウォッシャーノズルを加熱する必要はありません。
詳しくは、以下の記事をご覧ください。ワイパーアームにウィンドウウォッシャーノズルを組み込んだウィンドウウォッシャーシステム。
G42では、ASD(Active Sound Design)は車内のみで、異なるバージョンで利用可能です。G42では、MスポーツパッケージProを装着することで、車室内のサウンドが向上します。M240i xDriveでは、BMW M車両ですでにおなじみのASD Nextインテリア・ステージング・システムという形で、さらなる強化が図られています。これには、BMW M車とは異なり、SPORTモード選択時のみ有効なスラスト・バブリングが使用されています。
G42は、ベーシック・バージョンですでにフルLEDヘッドライトを装備しています。フロント・ヘッドライトの新しいデザインは、「Two-Eye Face」と呼ばれるものです。通常、各ヘッドライトには2つのライトモジュールがありますが、G42では左右に1つずつしかありません。G42のリアライトは、常にフルLED技術で設計されています。
G42のアンビエント照明は、ドアトリムパネルのイルミネーション装飾によって提供されます。この装飾は、ピアノ・ブラックまたはピアノ・ブラックMスポーツをオプションで注文することができます。

 

関連記事