toggle
2022-02-19

Europe on the Move


基本的に日本仕様のBMW車はECE仕様をベースにしています。2022/07生産以降のECE仕様車は、下記の規制をクリアするために広範囲に渡り安全機能がアップデートされます。BMW車については、全てのアップデート機能が2022/07生産以前の車にもRSUを通じて適用されるのであれば良いのですが、もしそうではなかったら、、、。2022/07に何が起こるのか見極めてから、次の車を購入するのも一案です。これに関連して、数種類のシリーズモデルが2022/07以降にiDrive8へ移行を予定しているようです。

Europe on the Move & GSR
In Europe, EU legislative bodies and institutions launched the ‘Europe on the Move’ initiative to modernize the continent’s mobility and transport systems. Enacted in 2017, this group of actions set “triple zero” as its goal, aiming to dramatically reduce emissions, congestion, and accidents.

To help the European community move towards safer traffic, less polluting vehicles, and more advanced technological solutions on the roads, the EU General Safety Regulation has been updated last year. As a new element, this set of rules focuses on the concerns of vulnerable road users like cyclists or pedestrians for the first time.

The revised GSR was adopted in late 2019, making certain vehicle safety features and technologies mandatory in all road vehicles by mid-2022. Overall, the legislation focuses on accident avoidance, pedestrian, and cyclist protection, and helps pave the way for connected and autonomous driving. Let’s see how exactly this piece of legislation impacts the automotive industry!

Mandatory Advanced Safety Features from 2022
The updated General Safety Regulation covers all motor vehicles (including passenger cars, light commercial vehicles, buses, trucks, and trailers) with different deadlines set for the adoption of different safety features on each of these categories.

Overall, the new GSR requires all motor vehicles to be equipped with a number of safety features by 2022:

  • Advanced emergency braking (for cars and vans, as these are already mandatory for buses and trucks)
  • Alcohol interlock installation facilitation
  • Drowsiness and attention detection
  • Distraction recognition / prevention
  • Emergency stop signal
  • Intelligent speed assistance (through nonintrusive haptic feedback)
  • Lane keeping assist (emergency lane keeping system that intervenes only in case of an imminent threat such as leaving the road, or leaving the lane with oncoming traffic – Lane Departure Warning Systems are already mandatory in buses and trucks)
  • Reversing camera or detection system
  • Accurate tyre pressure monitoring system

Cars and vans will also have to be outfitted with:

  • Advanced emergency braking for pedestrians and cyclists
  • Head impact zone enlargement for pedestrians and cyclists (to include the windscreen area)
  • Side crash protection updates
  • Rear crash protection updates

In addition to all of the above, the new regulations call for the application of safety systems in buses and trucks to detect and to prevent injuries for vulnerable road users, especially in blind spots. Such vehicles will also have to be delivered with safety systems that can detect cyclists and pedestrians in close proximity to the vehicle.

欧州がGSRを推進
欧州では、EUの立法機関や機関が、欧州大陸の移動・輸送システムを近代化するための 「欧州移動構想」 を開始した。2017年に制定されたこのアクション・グループは、 「トリプル・ゼロ」 を目標に掲げ、排出量、渋滞、事故の大幅な削減を目指しています。

欧州社会がより安全な交通、より汚染の少ない車両、道路上のより高度な技術的解決に向けて進むことを支援するために、EU一般安全規則が昨年更新された。新しい要素として、この一連の規則は、自転車利用者や歩行者などの交通弱者の懸念に初めて焦点を当てている。

改訂されたGSRは2019年後半に採択され、2022/07までにすべての道路車両に一定の車両安全機能と技術が義務付けられた。全体として、この法律は事故防止、歩行者、自転車利用者の保護に焦点を当てており、コネクテッドドライブや自動運転への道を開くのに役立つ。この法律が自動車業界にどのような影響を与えるか見てみましょう!

2022/07からの必須の高度な安全機能
改訂された一般安全規則は、これらのカテゴリーごとに異なる安全機能の採用について異なる期限が設定されたすべての自動車(乗用車、小型商用車、バス、トラック、トレーラーを含む)を対象としている。

新しいGSRでは、2022/07までにすべての自動車に多くの安全機能を搭載することが求められている。

  • 高度緊急制動(これらはすでにバスとトラックに義務付けられているので、車とバンのために)
  • アルコールインターロック装着促進
  • 眠気・注意喚起
  • 注意散漫の認識/防止
  • 非常停止信号
  • インテリジェントな速度支援 (邪魔にならない触覚フィードバックによる)
  • 車線維持補助(道路を離れたり、対向車と車線を離れるなどの差し迫った脅威の場合にのみ介入する緊急車線維持システム–車線逸脱警報システムは、すでにバスやトラックで義務化されている)
  • 反転カメラまたは検出システム
  • 正確なタイヤ空気圧監視システム
車やバンにも以下のものを装備しなければならない。
  • 歩行者およびサイクリストのための高度緊急ブレーキ
  • 歩行者およびサイクリストの頭部衝突ゾーン拡大 (ウインドスクリーン領域を含む)
  • サイドクラッシュプロテクションのアップデート
  • 背面衝突防止アップデート

上記のすべてに加えて、新規則は、特に死角で、交通弱者の負傷を検知し、防止するためにバスやトラックに安全システムを適用することを求めている。そのような車両はまた、車両に近接している自転車や歩行者を検知することができる安全システムとともに納入されなければならない。

 

関連記事