toggle
2022-01-16

(Tech Info)ルーフ アンテナ用シャーク フィンの交換


#BMW #MPERFORMANCE #アラミド #アンテナ #カバー #ルーフ #アンテナ #シャーク #フィン #交換

ルーフ アンテナ用シャーク フィンの取り外し

    
黄色のプラスチック製マスキング テープ 2 をルーフ アンテナ用シャーク フィン 3の下で可能な限り奥に押し込む。
ルーフ アウター シェル 1 を図示のように遮蔽する。
スペシャル ツール 2 470 382  1 をスペシャル ツール 0 494 968 (65 2 010) と組み合わせ、図示のようにしてあてがう。
角度 a = ルーフ アウター シェルに対して約 45°。
角度 b = ルーフ アンテナ用シャーク フィンに対して約 45° 
スペシャルツールがない場合はカッターナイフで代用する。
接着ビードを矢印方向に切断し、ルーフ アンテナ用シャーク フィン 2 を取り外す。
ヒント
必要に応じて、スペシャルツール 1 により力を加えて、接着ビードを切り直します。
ルーフ アンテナ用シャーク フィンの取付け
センタリング ピン1の損傷を点検する。
接着面 2をクリーナー R1(エタノール、イソプロパノールなど) で清掃する。
外側の輪郭の周囲に接着ビードを以下のように塗布する。
接着ビードとアンテナ ハウジング エッジの間隔:
A = 6.5 mm ±1 mm
ビードの始点と終点が重なる長さは< 10 mm でなければなりません。
接着剤が溢れ出るのを防止するため、接着ビードの直径は最大 2.5 mm ~ 3.5 mm であること。
ライトカンパニーでは接着剤としてこんなの使っています。
接着剤を塗布したシャーク フィン 3を手でブロックに組み付ける。
接着剤をより効果的に押し付けて広げるため、シャーク フィン 3 を押し付ける際、軽く水平方向(左右)に動かす。
シャーク フィン 3 を必要に応じ接着テープで固定し、均等に押し付ける。
接着後は最低 3 時間、車両を室温で置いておく。
接着テープ 2 をルーフ アウター シェル 1および必要に応じてシャークフィン 3 から取り外す。

参考動画:

 

関連記事