toggle
2021-11-29

The classic “BMW Motorsport” エンブレム


2021.11.24にBMWAGからBMW M GmbH創立50周年を記念して、2022.03.01生産以降のMモデルにはclassic “BMW Motorsport” デザインのボンネットバッジとホイールセンターキャップが装着されるとプレスリリースされました(03MQ BMW M Heritage logos)。このオプションについては半年以上前から話があって、何が変わるのだろう(ビッググリルの形状変更)と思っていましたがコレだったんですね。なーんだという感じですが、きっとこのバッジとキャップを欲しがる人も多いんだろうと予想します。ホイールセンターキャップは現行モデルの56mmですから他シリーズモデルへ流用可能ですが、ボンネットのバッジはφ74mmです。このサイズのバッジを装着しているモデルを検索してみました。以下が結果ですが、ごく限られたモデルだけですね。スペシャルです。単品部品としてリリースされれば弊社でも手配したいと考えています。F8X系のMモデルには適合しませんが、E26M1みたいにグロブボックス上部に取り付けるのもオシャレですね。部品屋のプライドに賭けて、大陸製コピー品は採用しません。OEMパーツもどうかと思っているので、コピー品はもっての外です。

Model series: 1′ F40 (11 Entries)※リアエンブレムとして
Model series: 3′ G80 M3 (6 Entries)
Model series: 4′ G82 M4 (6 Entries)
Model series: 4′ G83 M4 (2 Entries)

残念がら、G22,G23 4シリーズのボンネットバッジはφ82mmです。それにしてもXシリーズのMモデルはどうするのでしょう。対象がM一桁モデルだけであればビッググリルに対するイクスキューズの意味合いが強いですね。

 

関連記事