toggle
2021-10-08

(絵で見る)BMW DRIVER ASSISTANCE SYSTEM 2021


#BMW #DRIVERASSISTANCESYSTEM2021 

U06 2シリーズアクティブツアラーが発表されました。大変格好イイです。販売開始はまだまだ先ですが、バカ売れするかも知れませんね。
キドニーグリルを始めとしたエクステリアデザインやガソリン、ディーゼル、PHEV、EVという動力にフォーカスが集中していますが、2018バージョンから2021バージョンへアップデートされたドライバーアシスタンスシステムにも大いにフォーカスすべきです。I20 iXから採用される2021バージョンが(グレードの違いはありますが)U06 2シリーズアクティブツアラーまで降りてきています。2021バージョンの詳細を知ると現行車を購入する事に迷いが出てしまうほど進化しています。予想ですが、GKLモデルは今後の半年間で2021バージョンへアップデートされるんじゃ無いでしょうか。じゃないと7シリーズやX7のオーナーからクレームが付くかもですね。

キドニーグリルは交換できない、EVは充電環境がまだ整っていない。ですが安全装備は制約無く付いていて当たり前、そういう時代ですね。

単眼カメラシステムしか装備されていないF80M3オーナーの部品屋ですが、最近は心のドライバーアシスタンスシステムをアップデートしました。黄色信号で確実に停車できる様になりました。インストルパネルに出現していた巨人をめっきり見かけません。

 

 

関連記事