toggle
2021-07-29

トランスファーボックスATC 13-x 加速時のジャーキングについて


#BMW #XDRIVE #TRANSFER #ATC13 #ATC45 #JERKING

なんだかんだやる前に、全輪駆動xDriveが搭載されている車両で、加速時のジャーキングが発生したら、まずはオイル交換する。それでも解消されない場合は、次にタイヤをチェックする。この2項目さえやらずにトランスファーボックスをユニット交換?その費用が今後の新車車両代に上乗せされて、ワタシの様な貧乏人には手の届かない存在になってしまいます。

(PDFファイル)トランスファーギアボックスのオイル交換

以下はディーラーにてテスターを当ててやる作業です(参考)。


(症状)
低速から中速までの負荷でコーナリングまたは加速する際のジャーキング。
ワーニングライトやチェックコントロールメッセージは表示されません。

(原因)
トランスファーボックス (VTG) のオイル (水、金属片) 中の異物。

トランスファーボックス内の 「クラッチが破裂する」 。

(処置)
車両上のホイール/タイヤの組み合わせの状態およびトレッドの深さを検査する。
注意:
タイヤのタイヤトレッドの深さが著しく異なっていたり、フロントアクスルとリアアクスルのタイヤ回転円周 (混合タイヤ) が異なっていたりすると、走行中のトランスファーボックスのジャークが増加することがあります。
ジャークの他の原因を除外するために、車両の故障メモリ全体を読み出し、必要に応じて関連するテストモジュールを作動させなければならない。
障害の原因を特定するために、テストモジュールABL-DIT-AW 2710_TDEAKAWD 11を使用して、トランスファーボックスを一時的に無効にすることができます (トランスファーボックスのプラグを抜く必要はありません) 。
次の場所で手動でABLを選択します。
Drive I Transfer box I Current fault pattern I Temporary deactivation of the all-wheel system

テストモジュールに関する情報:
全輪駆動システムが停止すると、フロントドライブトレイン(フロントプロペラシャフト、フロントアクスルトランスミッションおよびフロントアウトプットシャフト)は無負荷で回転する。トランスファーボックスのクラッチが開いています。これにより特定できます。ターミナル変更後、全輪駆動システムは自動的に再起動します。

重要:
トランスファーボックスを無効にしても問題が解決しない場合は、トランスファーボックスはOKであり、別の場所で障害の原因を確認する必要があります。
トランスファーボックスが原因の場合は、修理指示に従ってトランスファーボックス内のオイル交換を行う必要があります。

次に、トランスファーボックスのキャリブレーション用に以下のテストモジュールを適用する。
ABL-DIT-AS 2710_KALIB_VTG 11の場合

次の場所で手動でABLを選択します。
Vehicle management | service functions | 01 drive | transfer box I ( VTG): Calibration
このテストモジュールは、クラッチキャリブレーション値を再学習します。

次に,longitudinal dynamics management (LDM) ,virtual integration platform (VIP)およびdynamic stability control (DSC)のための制御ユニットの故障メモリを削除する。

トランスファーボックスクラッチは約200 km使用しなければならない、この期間が経過しないとコンプレイントは解決しません。


 

関連記事