toggle
2021-05-27

(Tech Info.)B48エンジンのオイル交換


オイル サービス(オイル サービス)は必ず暖機状態で⾏うこと(エンジン オイル温度 > 70 ℃)。

遮音カバー①をマークされた領域でホルダーから上方にクリップから外す。

メイン作業
オイル フィルター カバーを外す

カバー①を取り外す。

バッテリー プラス配線①をマークが付いた領域で外す。
シーリング②をエンジン ルーム内で部分的に外す。

オイル フィルター カバー①を外す。

オイル注入ノズルの封キャップを開く
オイル注入ノズルの封キャップ ①を開く。

キャップ①を回す。
サービスカバー②を開く。

オイル ドレン ボルト①を外す。
エンジン オイルを排出する。

シール リングを新品に交換します。
オイル ドレン ボルト①を締め付ける。
締め付けトルク:
オイルドレンボルト(M12X16) 25Nm

サービスカバー②を閉め、キャップ①でロックする。

オイル フィルター ボックス①を矢印方向へとオイル フィルター カバー②から抜き取り、取り外す。

オイル フィルター カバー①の内側にこれまでのオイル フィルターのフィルター残留物②が付着していないか点検し、必要に応じてフィルター残留物 (2)を取り除く。

O リング①と オイル フィルター ボックス②を新品に交換する。
O リング ①および ③が正しく取り付けられるよう注意すること。
O リング ①および ③にエンジン オイルを塗布する。
オイル フィルター ボックス②を矢印方向へとオイル フィルター カバー④に挿入し、取り付ける。
オイル フィルター ボックス②のロック音を確認する。

オイル フィルター カバーを締め付ける

オイル フィルター カバー①を締め付ける。 

締め付けトルク:
オイル フィルター モジュールのオイル フィルター カバー

※O リングに薄くオイルを塗布する。

  • 初回締付けトルク25Nm
  • ゆるめる角度180°
  • 締付けトルク25Nm

エンジン オイルの充填

エンジン オイルを充填しすぎると、エンジンが損傷する恐れがあります。
エンジン オイルの正確な充填量に注意すること。
エンジンオイル排出の際に、最後の一滴まで出します。

エンジン オイルをオイル フィラー ネック①から充填します。

テクニカル データ:
エンジン オイル
充填量 エンジン オイル交換 オイル フィルター ボックスを含む 5.25L

オイル注入ノズルの封キャップ①を閉める。 

仕上げ作業

遮音カバーの取付け
遮音カバーの全てのラバー モールド ベアリング①の正しい取り付け具合を点検します。

遮音カバー①をホルダーにマークされた領域でクリップ留めする。
遮音カバー①がロックされる音が聞こえなくてはならない。

昔も今もオイル交換作業は変わりません。簡単です。安いオイルで充分です、走行距離8,000km毎とか季節の変わり目(4月、10月)に交換しましょう。

 

 

関連記事