toggle
2021-04-07

(De・Tail)BMW M xDrive for G80 M3 and G82 M4


#BMW #MxDrive #G80 #M3 #G82 #M4

M xDrive (FROM Start Of Product 07/21).

BMW M3セダンとBMW M4クーペの歴史で初めて、2021年夏以降、全輪駆動システムを従来の後輪駆動に代わるものとして指定できるようになります。4つの車輪すべてに動力を供給することで、エンジンの驚異的なパワーをダイナミックなパワーに変換し、より多くの時間をフルに活用することができます。M xDrive全輪駆動システムは、新モデル用に特別に改造されており、必要に応じて前輪と後輪の間で動力を分割し、速度と精度を一新しています。結果として得られる運転体験は、スマイルを誘う機敏さと、車のダイナミックな限界を探るときでさえも印象的に確実なハンドリングが特徴です。可変パワースプリットによってロックが解除されたトラクションゲインは、クルマのスプリント能力を大幅に高めます。そして、このシステムの特徴であるMの後輪バイアスは、鋭角的にコーナーを取ることで、方向安定性とダイナミクスを全く新しいレベルへと高めている。

ItemDescription
1M Dynamic Stability Control integrated M DSCi
2Output shaft, front right
3Body Domain Controller BDC
4Advanced Crash Safety Modul ACSM
5Control unit controlled M rear axle differential lock M GHAS
6Output shaft, rear right
7M rear axle differential lock
8Output shaft, rear left
9Propeller shaft
10M transfer box M VTG
11Front propeller shaft
12Front axle differential
13Output shaft, front left

M TRANSFER BOX.

新しいBMW M3セダンとBMW M4クーペのM xDriveは、BMW M5/BMW M8とそのコンペティションモデル (F9x) の全輪駆動システムに基づいています。
エンジンで発生したトルクは、オートマチックトランスミッションで伝達され、トランスミッション出力軸を介してトランスファーボックスに到達する。ドライブトレインのトランスファーボックスは、ドライブの状況に応じて、前後のアクスルにトルクをもたらし、100-0%から0-100%と可変に配分します(100-0%?フロントについてだけの話でしょうか、、、)。リアアクスルとフロントアクスルは速度差が生じる可能性があるため固定接続ができないため、トランスファーボックスにはマルチディスククラッチがあります。この多板クラッチは2つの駆動軸間の可変トルク配分を制御する。

6-FINGER OIL DISTRIBUTOR.

G80/G82のMトランスファーボックスM VTG、すなわちマルチディスククラッチのブレードセットは、新しいオイル分配器を特徴としています。この新しいオイル分配器は、前世代のATC 13のMトランスファーボックスM VTG用のオイルホールが9個の3フィンガーオイルディストリビューターと比較して、21個のオイルホールを持ついわゆる6フィンガーオイルディストリビューターです。ブレードセットへの6フィンガーオイルディストリビューターを介した冷却伝達オイルの量が増加したため、G80/G82内のM xDriveのポテンシャルをさらに向上させることができます。
前車軸と後車軸との間の駆動トルクの永続的な分布と,それによる多板クラッチへの熱の影響のために,以前はクラッチへの熱の影響を低減して部品を保護する必要があった。これは、多板クラッチを閉じて、ブレードセット内の摩擦を低減することによって行われる。多板クラッチを閉じることにより、駆動トルクがフロントアクスルに配分され、顧客がオーバーステア車両よりもアンダーステア車両を良好に制御できるため、より安全な運転が可能となる。

6フィンガーオイルディストリビューターとアクチュエーター連動ホイールスリップ制限機構ARBxの組み合わせによるお客様のメリットは次のとおりです。

  • 多板クラッチの温度差を改善し、部品の保護を強化。
  • 熱放散が改善されたため、M xDriveの可用性が向上し、機敏な運転状況における永続的なトルク配分に関するメリットが得られます。
  • 伝達油の温度が低く、同じトルクポテンシャルが可能なため、伝達油の損傷/劣化が少ない。
  • 冷却効果が向上したため、マルチディスククラッチの冷却フェーズを2倍高速化できます。
  • アクチュエーター連動ホイール スリップ制限機構ARBxの最適な相互作用,したがってG80/G82におけるより正確で機敏なM xDrive。

ACTUATOR-CONTIGUOUS WHEEL SLIP LIMITATION.

アクチュエーター連動ホイール スリップ制限機構の革新は、ダイナミックスタビリティコントロール統合DSCiコントロールユニットからエンジンコントロールDMEへのスタビリティコントロールの再配置であり、これにより制御時間が大幅に短縮され、車輪スリップ制限の性能が向上します。この機能は、特に高トルク駆動システムにおいて顕著である。後輪駆動のG 80/G 82のように後輪で空転が発生しても、アクチュエーター連動ホイール スリップ制限機構ARBの動作原理は変わりません。

ACTUATOR-CONTIGUOUS WHEEL SLIP LIMITATION ARBX FOR ALL-WHEEL DRIVE.

MトランスファーボックスM VTGは、仮想統合プラットフォーム制御ユニットVIPを介して 「低速」 制御ループを待つことなく、後車軸と前車軸との間のトルク差を一定の限度内で制御できるようになった。これにより、Mトランスファーボックスの多板クラッチにおける前後軸間の高トルクピークを回避することができる。その結果、MxDriveの全輪のパフォーマンスが大幅に改善され、駆動性能、動力学、機敏性が向上するとともに、多板クラッチの放熱、ひいてはMトランスファーボックスのトランスファーボックスオイルも大幅に改善されます。

DIFFERENTIAL.

リアアクスルディファレンシャルとして、G80/G82は既知のActive Mディファレンシャルを採用しています。G80/G82では、F97/F98をベースに、Active MディファレンシャルをG 80/G82用に再設計し、リアアクスルディファレンシャルハウジングをG80/G82のリアアクスルサポートに合わせて調整しました。
BMW 3シリーズ、4シリーズ (G2x) からM xDrive搭載モデル用のフロントアクスルディファレンシャルを採用。

 

スゴいなぁー、M xDrive. プラス30万円でこの濃さ。でも敢えてFRのM3/M4をチョイスする方々が好きです。

 

関連記事