toggle
2021-03-18

BMW Mモデル S55エンジン用スパークプラグについて


#BMW #S55B30 #SPARKPLUG

スパークプラグ、良い思い出がありません。若い頃乗っていた1975年製のアルファロメオスパイダーでイヤと言うほど思い知らされました。季節の変わり目でキャブとプラグの設定を変えないで横着して出掛けてエンジンストール、、、。プラグ用のソケットとスキマゲージを車載していたことを覚えています。熱価が、電極がと当時は頭でっかちでしたが、いまでは何も覚えていません。DENSOさんのサイトにスパークプラグに関するページがありますからチェックして下さい。

さて最近F80M3にお乗りのお客様からスパークプラグのご注文を頂きました。スパークプラグだけをドイツ手配した場合は高い買い物になってしまうのでボッシュ社の代替品をご提案しようと考えました。ボッシュ社のサイトで調べましたが適合するモノがありません。直接メールで問い合わせしましたが、F80M3に適合する汎用スパークプラグはないとの回答(?)でした。それならと、BMWM社のこの方なら!と思われる担当者(?)様にメールして問い合わせたところ、“エンジン特性を維持・発揮するためにF80M3には純正品を使用するべきである。”との回答と共にS55エンジンに関する資料が送られてきました。メールの最後にはこうも書かれていました。

S55エンジンの正式名称は“6‐cylinder spark ignition engine S55B30T0”であり、スパークプラグはとても重要な構成パーツである。

だそうです。

という流れで、お客様へは純正部品をオススメしてご購入頂きました。他のスパークプラグがお幾らするか知りませんが、今回は純正品6本で2万円弱でした。イイお値段しますが推奨60,000km毎(安全を見て48,000km)の交換ですから必要経費と捉えれば決して高いモノでは無いですね。因みに、S55エンジン用スパークプラグは専用部品です。母体であるN55エンジン用スパークプラグとは品番が異なり流用することは出来ないとのことです(F87M2を除く)。

スパークプラグの交換をご検討中の方はお問い合わせ下さい。

P/N12120039634、///Mマークがプリントされています。Sエンジン専用品です。

 

関連記事