toggle
2020-12-18

(インジェクター交換)事によってはやっぱりディーラーでしょ


先日、LCI前のF80 M3に乗っている知り合いが、クルマの調子が悪いと言うことでディーラーではなくBMW車を得意とするプロショップで修理を受けたそうです。プラグから始まってインジェクターまで交換したそうです。「高くついたねぇ〜」なんて雑談しましたが、「テスターもないプロショップでインジェクター交換なんて出来るのかな、、、。」なんて思いましたが彼には伝えませんでした。このサイトは見ていてくれるんですけどね。

F80M3はN55エンジンがベースとなっていますから、インジェクターも共通部品となります。

以前、ドイツからN55エンジン用のインジェクターを送って貰った際に、あちらの担当者から「オマエのために、数字が近いのを揃えておいたぞ」なんて言われて最初は何のことか分からなかったのですが、モノと一緒に送って貰った資料を見て納得した記憶があります。

下2つはN55エンジン用インジェクターとN20エンジン用インジェクターです。ボディーに刻印された数値が拡大されています。この数値はインジェクターを製造する工程で発生した誤差を修正するための補正値です。インジェクターを交換する際は、この補正値をテスターを使用して、エンジンコントロールユニットに保存されている数値を変更・保存しなくてはなりません。そうすることによりコントロールユニットは算出した数値を補正し、適切な量を噴射する事になります。ディーラーではテスターの指示通りに交換修理を実施するのでこの補正作業を経由します。ではプロショップではどうでしょうか?この補正値を部品番号とかロット番号とか思っていたりして、、、。

修理内容によっては保証が切れていてもやっぱり正規ディーラーでのサービスを受けることをオススメします。でも部品も工賃も驚くほど高いんですよね。泣く泣く工賃は諦めるとして、部品のことならライトカンパニーにお声掛け下さい。勉強させて頂きます。

N55エンジン用インジェクター

N20エンジン用インジェクター

さて、最近主流となっているB型モジュラーエンジン用のインジェクターです。補正値が見当たりません。なんと新しいDME8は調整値を自身で学習するんです。ですから補正値は不要になりました。進歩してますねぇ。

プロショップ御中

ご注意下さい。

  • インジェクターを新品交換、または交換する場合、各インジェクターに記載された調整値が、エンジン コントロール ユニットで正しいシリンダーに割り当てられているか確認する必要があります!取り付けた状態で調整値を読み取ることができない場合は、インジェクターを取り外す必要があります。エンジンとインジェクターをすでに作動させた場合は、取付け前にシールを交換してください。
  • エンジン コントロール ユニットを交換した場合は、インジェクターの調整も⾏い、取り付けられたインジェクターの調整値を新しいコントロール ユニットに保存しておく必要があります! 保存しておかないと、エンジンの回転がスムーズでなくなるか、またはエンジンを始動できなくなります!

#BMW #修理 #交換 #正規ディーラー #インジェクター

 

関連記事