toggle
2020-12-04

BMW iX3とBMW iXの立ち位置の違いが分かりません


THE BMW iX3.

THE FIRST FULLY ELECTRIC SAV MADE BY BMW.

The BMW X3 is one of the most popular vehicles in the BMW model range. To date, it has been available in petrol, diesel and plug-in hybrid format. The BMW iX3 now adds the first fully electric version of this premium mid-size SAV. This gives customers full power of choice, as it makes the X3 the first BMW model to let buyers select from the complete range of BMW powertrain technologies the precise one that best answers their needs. The iX3 marks the debut of the fifth-generation BMW eDrive technology that will also be used in the upcoming iNEXT and i4 models. For the first time, the electric motor, power electronics and transmission are combined in a central eDrive unit. The compact and highly efficient electric motor powers the rear wheels. The BMW iX3 uses less power than any of its current competitors and enables a range of up to 460/520 kilometres (WLTP/NEDC). The battery (gross capacity: 80 kWh) can be fast-charged from 0 to 80 per cent in around 34 minutes. The BMW iX3 combines zero-emission driving pleasure with hallmark BMW sportiness. In terms of dimensions, high-level comfort and versatility, the fully electric SAV corresponds to the BMW X3, while projecting an independent persona courtesy of specific design elements such as a redesigned kidney grille and accents in BMW i Blue. Today’s issue of Product Highlights is all about the BMW iX3 and its competitors.

BMW X3は、BMWモデルの範囲で最も人気のある車両の1つです。現在まで、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッド形式で利用可能です。 BMW iX3は、このプレミアム中型SAVの最初の完全電動バージョンを追加しました。これにより、X3はBMWパワートレインテクノロジーの全範囲からバイヤーがニーズに最適なものを正確に選択できる最初のBMWモデルとなるため、顧客は完全に選択することができます。 iX3は、次のiNEXTおよびi4モデルでも使用される第5世代BMWeDriveテクノロジーのデビューを記念します。初めて、電気モーター、パワーエレクトロニクス、トランスミッションが中央のeDriveユニットに統合されました。コンパクトで高効率の電気モーターが後輪に動力を供給します。 BMW iX3は、現在の競合他社よりも消費電力が少なく、最大460/520キロメートル(WLTP / NEDC)の航続距離を実現します。バッテリー(総容量:80 kWh)は、約34分で0から80パーセントまで急速充電できます。 BMW iX3は、ゼロエミッションのドライビングプレジャーとBMWの特徴的なスポーティさを兼ね備えています。寸法、高レベルの快適性、および汎用性の点で、完全電動SAVはBMW X3に対応し、再設計されたキドニーグリルやBMW iBlueのアクセントなどの特定のデザイン要素のおかげで独立したペルソナを投影します。

BMW iX.

DESIGN PRESENTATION OF THE FUTURE ELECTRIC SAV FROM BMW i.

The BMW Vision iNEXT had its world premiere at the 2018 Los Angeles Auto Show in California. Now the production version of this revolutionary concept car is nearing completion. The BMW iX is currently on display at the BMW Welt #NEXTGen and is scheduled to arrive in showrooms at the end of 2021. As the technology flagship of the BMW Group, the BMW iX represents a new generation of technology, design and mobility. This fully electric, all-wheel-drive vehicle provides a maximum range in excess of 600 kilometres and showcases new developments in many areas. Innovations include an athletic and efficient powertrain with advanced charging technology as well as a contemporary exterior design language along with a progressive interior concept. And it goes without saying that the BMW iX will deliver the brand’s hallmark driving pleasure. Add to that the commitment to sustainability that characterises BMW i, the BMW future lab: the production of the BMW iX makes extensive use of green energy and benefits from intelligent lightweight design principles, comprehensive use of natural materials and a significant share of recyclables. Today you have an opportunity to learn more about the first technical details of the BMW iX and the visual highlights that will make it stand out after its market launch.

BMW Vision iNEXTは、カリフォルニアで開催された2018ロサンゼルスオートショーで世界初公開されました。現在、この革新的なコンセプトカーの生産バージョンは完成に近づいています。 BMW iXは現在、BMWワールド#NEXTGenに展示されており、2021年末にショールームに到着する予定です。BMWグループのテクノロジーフラッグシップとして、BMWiXは新世代のテクノロジー、デザイン、モビリティを代表しています。この完全電動の全輪駆動車は、600 kmを超える最大距離を提供し、多くの分野で新しい開発を紹介します。イノベーションには、高度な充電技術を備えたアスリートで効率的なパワートレイン、現代的なエクステリアデザイン言語、進歩的なインテリアコンセプトが含まれます。そして言うまでもなく、BMWiXはブランドの特徴的なドライビングプレジャーを提供します。それに加えて、BMWの未来のラボであるBMW iの特徴である持続可能性への取り組み:BMW iXの生産は、グリーンエネルギーを幅広く活用し、インテリジェントな軽量設計原則、天然素材の包括的な使用、リサイクル可能なもののかなりの部分から恩恵を受けています。

BMW iX3BMW iX
2020年7月14日にBMWiX3のデジタルワールドプレミアが、2020年末までに中国で発売されます。BMWiXは、BMW i3やi8のように「born electric」である、BMWiファミリーからの最初の完全電気SAVです。
完全な長距離機能と新しい充電ソリューションにより、100kmの電力を10分で補充できます。長さと幅の点ではBMWX5に、高さの点ではX6に似ています。 テスラモデルXに匹敵する寸法。
「刺激的」と「印象的」の2つのトリムレベルを備えた、インテリジェントに構造化された高度に簡素化された機器の範囲。非常にモダンなエクステリアスタイリング、まったく新しいコックピットデザイン、後部座席のラウンジの雰囲気。
豊富な標準装備。 感動的な含む。 ドライビングアシスタントプロフェッショナル、3ゾーン自動エアコン、パノラマルーフ。高効率の第5世代電動パワートレイン、希土類元素なし、2つのモーター、全輪駆動。
クラウドベースのBMWマップナビゲーションシステムを標準装備したBMWライブコックピットプロフェッショナル。ピーク出力は370kW / 500 hpを超え、5.0秒未満で0〜100 km / h、最大範囲は600 km(WLTP)を超えます。
新しいフロントセクション、滑らかなアンダーボディパネル、特別な空力ホイールにより、空力的な利点が得られます。最大充電率200kW、バッテリー容量100 kWh以上、エネルギー消費量21 kWh / 100 km(WLTP)未満。
43/ 57の前後の重量配分。 トラクションを向上させるために、従動輪の重量を増やします。自動運転機能、電子機器、および制御用の革新的なテクノロジーツールキットに基づいています。
競合他社:メルセデスベンツEQC、アウディe-tron、将来のテスラモデルYおよびByton M-Byte。その他のハイライト:「ShyTech」(ステルステクノロジー)、湾曲したディスプレイ、インテリジェントな軽量デザイン、0.25のCD値。

なんとなく違いが分かりました。iX3はG08(G01の中国バージョン:G01よりチョット長い)X3の派生モデルで、iXはi3やi8が属するBMW iファミリーのモデルと言うことで合ってますか。価格が分かるとより理解しやすいと思いますが、断然iXの方が高価であると言うことですね。

零細部品屋はこちらが大いに気になっていますよ。

#BMW #IX #IX3

 

関連記事