toggle
2020-08-31

(Trouble Shooting)DSC パルス ジェネレーターの故障・交換


最近、FXX系(F20,F21,F30,F31など)モデルにお乗りの方から、“DSC パルス ジェネレーター”についてお問い合わせをよく頂きます。

DSC パルス ジェネレーター?なにそれ?って感じですが、お問い合わせを頂く方々はRPAセンサーとかホイール回転センサーとかスピードセンサーとか色々な名称を仰いますが、BMW純正部品としてはDSC パルス ジェネレーターが正式名称になります。

このセンサーの故障により(故障ではなく汚れているだけかも知れませんが)、色々なチェックコントロールメッセージが表示されるそうです。

DSC パルス ジェネレーターはABS装置の一部ですが、日本仕様車ではRPAシステム(RPA:タイヤ空気圧警告システム)にも活用されています。

RPA:タイヤ空気圧警告システム
タイヤ空気圧警告(RPA)は⾛⾏ダイナミクス制御の機能ではありません。RPA 機能は、4 つのホィールの回転数信号を必要とするため、DSC コントロール ユニットに組み込まれています。このシステムは 4 つのホィール回転数によって個々のホィールのタイヤ回転円周値の偏差を検知します。それによって、徐々に進むタイヤ圧⼒低下が検知されます。

ただ残念ながら、皆さん気になるのは部品の価格だけのようです。なかには大陸製のモノを検討されている方もいらっしぃますが、制動装置の一部ですから、そんな恐ろしい選択しないで下さい。また大陸製ではないにしても比較的安価な代替品を検討している方もいらっしゃいますが、コレもNoです。外見は似ていても持たせている機能が異なります。いざという場面でABSが働かない、制動距離が伸びた、、、なんて想像するだけで恐ろしいです。制動機構に関わる部品は是非とも純正部品を使用して下さい。

(参考価格)

  • DSC,パルスジェネレーター,フロント:¥14,800-(税込、送料込)
  • DSC,パルスジェネレーター,リア:¥15,800-(税込、送料込)

実際のパルスジェネレーターはバイクの方が理解しやすいです。BMW R18です。格好イイです。

フロントホイールセンター拡大図です。破線円弧で囲った部分がパルスジェネレーターです。センサーリングの角穴を検知して信号をECUへ送ります。クルマの場合はホイールベアリングシールに組み込まれたマグネットを検知します。ABS装置の一部です。

最後に、DSC パルス ジェネレーターの交換方法を載せておきます。簡単に交換することが出来ます。欧米では大多数のオーナーが自身で交換しています。

#BMW #F20 #F21 #F30 #F31 #F2X #F3X #RPAセンサー #ホイールセンサー #DSC #パルスジェネレーター #ABS

 

関連記事