toggle
2020-06-15

(BMW CLEAN DIESEL)DPF再生 with BimmerLink アプリ


不要不急の外出自粛期間中は最低限の距離しか走っていなかったため、G01 X3 M40dのDPF(ディーゼル微粒子フィルター)の状態チェックと再生リクエストをしました。なんとなくパワーダウンを感じたため。燃費も下がり気味です。

メジャーコーディングアプリBimmercodeの制作者がリリースしているBimmerlinkアプリを使用します。ディーラーの診断システムを使わずともスマホアプリからDPF再生が出来るなんていい時代になりました。反面、国産車の様にクルマ側に専用スイッチを付けて欲しいですね。基本的にDPF再生は各センサー値をDDE(デジタルディーゼルエレクトロニクス)が監視して必要条件が揃えば再生のトリガーをオンにします。

ですが実際にDPF再生が開始されるには条件があります。そしてこの条件(特に街乗り中心の短距離運転)をクリアしないと再生は実行されず、結果として煤が堆積し、最終的にはDPF再生が不可能となりDPF自体を3,40万円(?)も払って交換するハメになります。このような事態に陥らない様に定期的なチェックをオススメします。

再生
再生には 2 通りの方法があります:

• 継続的な再生:
この再生は通常の走行中に行われます。排気ガス温度が 280 ~ 350 ℃の場合、ゆっくりとした酸化プロセスにおいて連続的な再生が行われます。煤の粒子は、必要な排気ガス温度に達した後に初めて燃焼することができます。

• 定期的な再生:
定期的な再生は、遅くとも 1000 km(600 マイル)走行後に DDE によって自動的に行われます。短距離走行の多い車両の場合は、400 ~ 800 km(250 ~ 500 マイル)走行後に周期的な再生が行われます。
再生のために、スロットル バタフライを通るインテーク エアが減少します。あとから燃料噴射が 1 回または 2 回行われます。それにより、排気ガス温度が約 600 °C に上昇します。煤は残留酸素で燃焼されます。
定期的な再生はあらゆる速度で行われます。60 km/h(38 mph)を超える一定速度での 20 ~ 30 分間の再生が最も効率的です。
DDE は、以下の値から定期的な再生の時間を算出します:
ー平均走行距離
ー平均走行速度
ーディーゼル微粒子フィルターの温度
ー排気ガス背圧センサーの値
再生のためには以下の条件が満たされていなければなりません:
ークーラント温度は 75 ℃以上であること
ーディーゼル微粒子フィルター前の排気ガス温度は 240 ℃以上であること
ー燃料が十分にあること(燃料残量警告灯が点灯していない)。残量警告灯が点灯している場合、再生はキャンセルされます。
ーエア マス システム、エキゾースト システム、センサーのディフェクト コードが DDE に保存されていないこと。
ーディフェクト コード 480A または 245700 (F01 以降) および 481A または 245800 (F01 以降) は、「現在なし」のステータスでなくてはなりません。
ー約 60 km/h(約 38 mph)以上の一定の走行速度。約 100 km/h(約 60 mph)の速度が最適です。

Bimmerlinkアプリを使用するためにはBimmercodeアプリ同様にBluetoothアダプターが必要です。

お持ちでない方はこちらからお求め下さい(PRです笑)。

BMW OBDⅡポート Bluetoothアダプター UniCarScan UCSI-2000 for BimmerCode app
販売価格(ダイレクトオーダー) ¥8,000-(税込、送料込)
※販売価格は2020年06月15日現在のものです。為替レートにより価格が変動することをご了承下さい。
STORESショップでのご購入はこちら。
Amazonストアでのご購入はこちら。

Bimmerlinkで車両と接続します。DPFボタンを押して進みます。センサー値をチェックします。DPFに体積した煤の量は3.9gであり、これまでのDPF再生回数は4回であることが分かります。現在の走行距離は約13,000kmです。定期的に高速道路を走行しているのが功を奏していると思われます。DPF再生リクエストを車両へ送っておきます。最後にバッテリーの状態チェックです。84%の充電率で問題なしです。参考までにこのアプリではバッテリー載せ替え時に必要となるレジストレーション作業も出来ます。

以上、簡単な作業でDPFを再生出来ます。お試し下さい。

再生だけでは不安だという方は洗浄にチャレンジして下さい。BMW純正スペシャル工具をお貸しします。お気軽にお問い合わせ下さい。

#BMW #CLEAN #DIESEL #DPF #再生 #Bimmerlink #WRIGHTCOMPANY

関連記事