toggle
2020-05-25

(バッテリーメインテナンス)定期的に充電しましょう


冬場だけではなく一年を通じて多いトラブルと言えば「バッテリー上がり」。

今朝も通勤途中でお見かけしましたが、GW以降気温が上昇するのに比例してそのトラブル件数も上昇します。部品屋の当社にも名古屋在住のお客様から“HELP!”のお電話を頂戴したりします。バッテリーメインテナンスとして定期的な充電が必要です。日本においてはバッテリー上がりが発生しても、ガソリンスタンドに飛び込むかJAFを呼べばいいやという方も多いので余りナーバスではないかも知れませんが、諸外国ではその捉え方が日本と比較してよりシビアなモノとなります。近くにガソリンスタンドもない、JAFの様なロードサービスが来ないエリアが沢山ありますからね。

また定期的なメインテナンスをしておけば必要のない高額出費を回避出来ます。

エンドユーザー用ではありませんが、BMWAGから配布されている“Battery Charging Calendar”をご紹介します。このカレンダーはストックヤードなどに保管している車両用ですが、ご自宅の車庫がストックヤードになっている方もいるんじゃないですか。

最低条件として、バッテリーターミナルが車両に接続されている場合は6週間毎、ターミナルを外している場合は12週間毎の充電が推奨されています。

弊社では現在3種類のバッテリー充電器をご紹介しています。

バッテリーの種別(AGM、EF、リチウムイオンバッテリー)を問わない万能タイプであれば①を、AGM、EFバッテリー搭載車であれば②を、また駐車場所に100V電源が無い方は③のソーラーバッテリーシステム(トリクル充電可)をオススメします。またF87 M2を除くF80 M3以降のMモデルでリチウムイオンスターターバッテリーを搭載している場合は①の一択となります。①以外の充電器を使用した場合はバッテリーが損傷します。以前もご紹介していますがリチウムイオンスターターバッテリーは25万円前後(ディーラーにおける交換費用)とのことです。

サブバッテリーが搭載されていたり、48Vリチウムイオンバッテリーが搭載されていたり、搭載バッテリーの仕様は多岐に渡っています。愛車のバッテリータイプが不明な方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

① BMW純正部品 バッテリー充電器 AGM・EF・リチウムイオンスターターバッテリー全対応
販売価格(ダイレクトオーダー) ¥20,000-(税込、送料込)
STORESショップでのご購入はこちら。
Amazonストアでのご購入はこちら。
※販売価格は2020年05月25日現在のものです。為替レートの変動により価格が若干上下動することをご了承下さい。

②BMW ワークショップ機器 DEUTRONIC社製 トリクルバッテリー充電器 AGM GEL バッテリー用
販売価格(ダイレクトオーダー) ¥15,500-(税込、送料込)
※1:販売価格は2020年05月25日現在のものです。為替レートにより価格が変動することをご了承下さい。
※2:Mモデル搭載のリチウムイオンスターターバッテリーには対応していません。
STORESショップでのご購入はこちら。
Amazonストアでのご購入はこちら。

③BMW ワークショップ機器 DEUTRONIC社製 ソーラー バッテリー メンテナンス システム
プロ仕様 充電器 OBDⅡ接続 MINI VW AUDI PORSCHE 

販売価格(ダイレクトオーダー) ¥28,250-(税込、送料込)
※販売価格は2020年05月25日現在のものです。為替レートにより価格が変動することをご了承下さい。
STORESショップでのご購入はこちら。
Amazonストアでのご購入はこちら。

#BMW #BATTERY #CHARGER #AGM #EF #バッテリー #充電 #リチウムイオンスターターバッテリー #トリクル充電
関連記事