toggle
2020-01-28

(Tech Info)G05 X5シリーズ、G15 8シリーズからはブレーキ バイ ワイヤでした


BMW純正部品 G14,15,16 8シリーズ G05 X5シリーズ G06 X6シリーズ用
M PERFORMANCE 19インチ レッドスポーツブレーキシステム後付キット
販売価格(ダイレクトオーダー) ¥486,000-(税込、送料込)
(注)販売価格は2020年01月28日現在のものです。為替レートにより価格が変動することをご了承下さい。
STORESショップでのご購入はこちらから。
Amazonストアでのご購入はこちらから。
※ブレーキパッドセンサーの違いにより部品番号が異なります。お問い合わせの際は車台番号下7桁をお知らせ下さい。

お客様からG05 X5シリーズ用の///M Performance 19インチ ブレーキシステムについて見積依頼を頂戴しましたのでいろいろと調べていたら、G05 X5シリーズ及びG15 8シリーズからは“ブレーキ バイ ワイヤ”が採用されているのですね。知りませんでした。カタログを確認しましたが、どこにもそれらしいことは書かれていません。書く必要が無い?書きましょうよ。価格が高い言い訳にもなるじゃない?なんて貧乏人の筆者は思うわけです。

M PERFORMANCEのスポーツブレーキシステムを後付けする場合は、適合モデルであっても個体によってはブースターの容量が不足している場合がありますからその交換が必要となります。

ブースターを検索していたらコレだったので調べてみたら、ブレーキシステムが新しくなってブースターもDSCユニット一体型に変更されていました。もう少し調べたらブレーキ バイ ワイヤに上位移行していました。ドライビングアシスタンスが多岐に渡り機能増加していますから、ブレーキシステムが担う役割が多くなった結果でしょうね。我々ドライバーの右足(左足)が関与しないブレーキ動作が必要です。

下図Aが従来までのブレーキシステムです。大きなところでバキュームポンプ、ブースター、DSCユニットから構成されています。対するBがG05,G15以降の新しいブレーキシステムです。バキュームポンプ、ブースター、DSCユニットがDSCユニットに統合されています。

同じGシリーズでもG30,G31 5シリーズ、G01,G02 X3,X4シリーズ、新しいところではG20 3シリーズ、G29 Z4シリーズには搭載されていません。もちろんTop of BMWであるG11,G12 7シリーズ、G07 X7シリーズには搭載されています。G11,G12に搭載されているところが注目に値しますね。LCIのタイミングで搭載出来る技術は惜しまず投入される。さすが最上位モデルです。そんな7シリーズであっても昨今の中古車市場での値付けはとても残念なものです。

#BMW #MPERFORMANCE #G05 #X5 #G06 #X6 #G14 #G15 #G16 #8シリーズ #19インチ #レッド #スポーツ #ブレーキ #システム #後付キット

関連記事