toggle
2019-12-17

(ジャパンスルー)G30 G31 5シリーズ 520d(523d)with Mild Hybrid


2019/11からG30 G31 5シリーズ 520d(日本名称:523d)with Mild Hybridの生産が始まっていますね。

日本ではプラグインハイブリッドが好調なため(?)当面は販売されないそうです。日本でも売ればいいのにと思います。カメラ(レーダー)ベースの安全機能も立ち後れた感のあるBMW車ですが、マイルドハイブリッドでも同様の印象を持たざるを得えませんね。

以下、プレスリリースです。燃費向上とアイドリングストップ再始動性能向上を強調していますが、他メーカーのマイルドハイブリッドは世代が進んでエクストラパワーとして車を押してるんですよ。頑張れBMW。

BMW 5 Series: mild-hybrid technology for extra sprinting power and efficiency.

In autumn 2019, BMW will present another element in its powertrain electrification strategy to accompany the ongoing expansion of its plug-in hybrid line-up. Mild-hybrid technology will make its debut in the BMW 5 Series, where it will help to both lighten the combustion engine’s workload and boost its power, meaning not just superior efficiency but sharper performance. Fitting an extremely powerful 48V starter-generator and a second battery significantly enhances the functionality of Brake Energy Regeneration by enabling the energy recuperated when braking or on the overrun to be harnessed not just for powering electrical vehicle functions, but for generating additional drive power. For this, the 48V starter-generator acts likes an electric drive unit that assists the engine, allowing the latter to operate within an efficiency-optimised load range as frequently as possible. An electric overboost function, meanwhile, injects an extra dose of dynamism when accelerating under full throttle.
The 48V starter-generator has the additional benefit of allowing the engine to be switched off with remarkably little vibration and restarted more smoothly when using the Auto Start Stop function. This also makes it possible to completely shut off the engine in coasting mode, rather than just disconnecting it from the drivetrain. As of November 2019, mild-hybrid technology will be fitted as standard on the BMW 520d Sedan (fuel consumption combined: 4.1 – 4.3 l/100 km; CO2 emissions combined: 108 –112 g/km), BMW 520d xDrive Sedan (fuel consumption combined: 4.5 – 4.7 l/100 km; CO2 emissions combined: 117 – 123 g/km), BMW 520d Touring (fuel consumption combined: 4.3 – 4.5 l/100 km; CO2 emissions combined: 114 – 118 g/km) and BMW 520d xDrive Touring (fuel consumption combined: 4.7 – 4.9 l/100 km; CO2 emissions combined: 124 – 128 g/km). The fuel consumption figures of the 140 kW/190 hp four-cylinder diesel engine that powers this quartet of models will be cut by up to 0.3 litres per 100 kilometres as a result.

BMW5シリーズ:マイルドハイブリッドテクノロジーにより、さらなる短距離走のパワーと効率性を実現。(ロボット翻訳)

BMWは2019年秋、プラグイン・ハイブリッド車のラインアップを順次拡大することに伴い、同社のパワートレイン電化戦略の新たな要素を打ち出す予定である。Mild-hybrid技術はBMW5シリーズでデビュー、燃焼エンジンの作業負荷を軽減し、パワーを高める。これは単に優れた効率だけでなく、よりシャープな性能を意味する。非常に強力な48Vスターター発電機と第2バッテリーを搭載することで、制動時やオーバーラン時に回収されるエネルギーを電気自動車の機能を駆動するためだけでなく、追加の駆動電力を生成するためにも利用できるようになり、制動エネルギー回生の機能が大幅に向上します。このため、48Vスタータ発電機は、エンジンをアシストする電気駆動ユニットのように動作し、エンジンは、可能な限り効率が最適化された負荷範囲内で動作することができる。一方、電気過給機能は、フルスロットルで加速したときに、さらなるダイナミズムを注入する。また、48Vスタータ-ジェネレータは、非常に少ない振動でエンジンをオフにすることができ、オートスタートストップ機能を使用するとよりスムーズに再始動することができます。これにより、ドライブトレインからエンジンを切り離すだけでなく、コーストモードでエンジンを完全に停止させることも可能になる。2019年11月現在、ハイブリッド技術はBMW520dセダン(燃費:4.1~4.3 l/100km;CO2総排出量:108~112g/km)、BMW520d xDriveセダン(燃費:4.5~4.7 l/100km;CO2総排出量:117~123g/km)、BMW520d Touring(燃費:4.3~4.5 l/100km;CO2総排出量:114~118g/km)、BMW520d xDrive Touring(燃費:4.7~4.9 l/100km;CO2総排出量:124~128g/km)に標準装備されている。この四種類のモデルに使用されている140kW/190馬力の四気筒ディーゼルエンジンの燃料消費量は、結果として100kmあたり最大0.3リットル削減される。

All Copyright BMW AG

#BMW #MILDHYBRID #XD5O #G30 #G31 #5SERIES #5シリーズ #520D #523D 

 

関連記事