toggle
2019-11-22

(Edit BMW F80 M3 – 14)M PERFORMANCE プロステアリングホイール(スポーツ・ステアリング・ホイール II)


先日入荷した///M PERFORMANCEプロステアリングホイール(日本販売名称:スポーツ・ステアリング・ホイール II)でしたが、バタバタとご注文を頂きラスト1セットになってしまいましたので、いたちごっこに終止符を打つべくデモカーのF80 M3に急いで装着しました。前回はノーマルのステアリングホイールを外した時点でご注文を頂いたので作業を引き返しました。

①BMW M PERFORMANCE プロステアリングホイール with カーボンステアリングカバー
販売価格(ダイレクトオーダー) ¥175,000-(税込、送料込)
※販売価格は2019年11月18日現在のものです。為替レートにより価格が変動することをご了承下さい。
STORESショップでのご購入はこちら。
Amazonストアでのご購入はこちら。

交換作業は約1.5時間でした。14,16mmのソケットレンチ、割り箸1/2、精密ドライバー(-)、懐中電灯、ウエス、トルクス10を使用しました。

装着前です。この風景もコレが最後です。

エアバッグが誤爆するといけないのでバッテリのマイナス端子を外すところからスタートです。F80M3のバッテリーはトランク右側にあります。

外した端子が暴れて通電しない様にウエスで巻いて確実に絶縁しておきます。

エアバッグユニットを外します。ステアリングホイールのサービスホールに割り箸を挿入してエアバッグユニットを固定しているキャッチャーを解除して外します。金属製のドライバー他で押すのが通常ですが、なかにある配線を損傷したくないので割り箸がオススメです。

キャッチャーを割り箸で押すとエアバッグユニットが外れます。反対側も同様に作業します。

エアバッグにはコネクターが1つ接続されていますので外します。コネクターを外す際は力任せに引っ張ってはいけません。慎重に作業します。小さなコネクターは精密ドライバーを隙間に少し差し込んで軽く引くと外れます。軽く引っ張っても外れない場合は差し込み場所が違います。試行錯誤を繰り返しながら慎重に作業します。

外したエアバッグユニット。

次はステアリングを固定しているボルトを外します。16mmのソケットで外します。すぐ外れます。

坊主になりました。

今回交換するM PERFORMANCE プロステアリングホイールとノーマルステアリングホイール。ノーマルに装着されている電装パーツを全て移植します。作業の前に写真を撮りましょう。外すと分からなくなってしまいます。

   

しゅくしゅくとバラしていきます。ネジは全てトルクスヘッドで2色、長さ2種類です。短いネジ=黒、長いネジ=シルバーのタッピングネジです。

バラし終了です。ヌードです。

途中、写真を撮り忘れました。写真は撮り忘れましたがタバコをきちっと2本吸いました。ゴメンナサイ。コネクターを接続して、ボルトを締め付けます。カーボンのステアリングカバーも奢ってやりました。デモカーへの少し早いクリスマスプレゼントです。

最後にエアバッグユニットを押し嵌めます。バッテリーを再接続して完了です。接続した途端にクラクションが鳴りっぱなしになりました。エアバッグユニットとクラクションを鳴らすプレート(上から8枚目の写真でユニクロメッキされている部分)の間にコネクターが挟まっていました。再度絶縁、エアバッグユニット取り外し、コネクターを所定の位置へ移動して、、、、、通電、異常なし。今度こそ作業完了です。

見た目ゴージャス、握って良し、運転してソリッド感倍々の3拍子揃った///M PERFORMANCEプロステアリングホイールです。

オススメです。
ご指名頂ければ交換も承ります。ご検討下さい。

#BMW #M PERFORMANCE #ステアリング #ホイール #プロステアリング #ステアリングホイールⅡ #カーボン #ステアリングホイールカバー #32302413014 #32302413480 #32302345203 

関連記事