toggle
2019-10-03

(Tech Info)ACE2.0のリアカメラ収録映像を見るには


BMW純正ドライブレコーダーAdavanced Car Eye 2.0(ACE2.0)で収録したリアカメラの映像を見ることが出来ないと度々問い合わせを頂きますので備忘録として残しておきます。お問い合わせを頂いた方々は100%弊社のお客さんではないですけどね(笑)。

まずメディアプレーヤーは昔から利用させて頂いているVLCアプリを使用します。ACE2.0の取説においてもVLCアプリを推奨しています。

一気に書きます。車両に設置されているACE2.0本体の電源ボタンを長押しします。数秒後に「システムを終了します」とアナウンスがあるので、ACE2.0本体をスライドさせて外します。システムを終了してmicroSDカードを抜けばいいのですが折角本体を簡単に取り外すことが出来ますし、microSDカードを誤って車両の隙間に落とす事故を防ぐことが出来ます。microSDカードをアダプターに差し込んで、確認したいファイルをパソコン(以下の説明はMAC上で行いました)で検索、VLCのファイルメニューから選択します。VLCはデフォルトで自動再生になっていますので一旦停止してスライドバーを先頭に移動し再生を停止します。デフォルトではフロントカメラ映像が最前面になっています。ACE2.0で撮影したファイルにはビデオトラックが1,2の2トラック保存されています。リアカメラの映像を見たい場合はビデオメニューのトラックからトラック2を選択して再び再生させます。すると、いままでは最前面にトラック1(フロントカメラ映像)が映し出されていましたが、その上にトラック2(リアカメラ映像)が映し出される様になります。以降トラック1,2がモニター上に映し出されていますからクリックすることで見たいトラックに切り替えることが可能となります。

以上の説明ではよく分からないという方のために映像を収録しましたのでご覧下さい。

どうですか、ご理解頂けたでしょうか?
バル○ム広島の営業さん、ご理解頂けたでしょうか?もうこれでお客様のご自宅に行って泣かなくてもOKですね。頑張って下さい。

現在、EU及びアメリカではG05-X5、G06-X6シリーズ、G14,G15-8シリーズ等のアッパークラスモデルではiDrive(System7:ID7)のオプションとしてBMW Drive Recorderを選択・装備することが可能です。iDrive自体がドライブレコーダー機能を持つと言うことです。何も後付けする必要がありません。近い将来に日本仕様車でも選択出来る様になるとイイですね。もう出来る?

最後にPRです。

BMW Advanced Car Eye 2.0(本国仕様)
販売価格(ダイレクトオーダー) ¥60,000-(税込、送料込)
※本国仕様は日本語にももちろん対応しています。
(注)販売価格は2019年10月03日現在のものです。為替レートにより価格が変動することをご了承下さい。
PayPalでの購入も可能です。
Amazonストアでのご購入はこちら。

#BMW #DRIVERECORDER #ACE2.0 #ACE2 #VLC #MEDIAPLAYER #ドライブレコーダー #フロントカメラ #リアカメラ #再生

関連記事