toggle
2019-05-09

BMW ADVANCED CAR EYE 2.0(2ではなく2.0)


2月1日にBMWジャ◯ンからBMW ドライブレコーダー「Advanced Car Eye 2」が販売開始されました。
それ以降、弊社で以前から取り扱っている「Advanced Car Eye 2.0」をご注文下さるお客様がチラホラいらっしゃいます。大企業の広告効果はスゴイですね。「Advanced Car Eye 2」と「Advanced Car Eye 2.0」では以前にも書きましたが、リアカメラの形状が異なります。

過去記事:BMW純正ドライブレコーダー Advanced Car Eye 2.0 と 2

注文されたお客様がお間違えになっていると困りますので確認すると、皆さん敢えて「2.0」を指定買いしていることがわかりました。

「ディーラーで購入して取り付けると工賃が3万円以上掛かる」
「リアカメラの配線が表出しているのが気にくわない」

等々の理由だそうです。

Advanced Car Eyeについては2だろうが2.0だろうが、取付時にプログラミングの必要はありませんから、ディーラーでも結局出入りしている電装屋さんに作業は丸投げですね。そのために工賃が高めに設定されているのだと思います。弊社で注文された場合はモデル別にBMW社発行の取付説明書を同梱しますので、ご自身で作業されるのもいいですし、ご近所の電装屋さんに持ち込むことも可能です。お付き合いのあるディーラーに持ち込むのももちろんアリです。

強くはオススメしませんがマニアックなお客様に。

BMW Advanced Car Eye 2.0
販売価格(ダイレクトオーダー) ¥60,000-(税込、送料込)
※販売価格は2019年5月9日現在のものです。為替レートにより価格が変動することをご了承下さい。
PayPalでの購入も可能です。
Amazonストアでのご購入はこちら。

ACE2のフロントカメラとリアカメラです。リアカメラが小型になっています。リアローラーブラインド対策でしょうか。ACE2は日本、中国、韓国向専用派生モデルになります。ROWはACE2.0となります。

リアカメラ設置風景です。赤線部分の接続ケーブルは表出します。私見ですが格好悪いです。インテリア全体の雰囲気を壊します。

ACE2.0のフロントカメラとリアカメラです。リアカメラはフロントカメラと同形状です。

リアカメラの接続ケーブルはヘッドライナーに隠すことが出来るため表出しません。

デモカーF80_M3のリアカメラです。こんな感じになります。ケーブルの表出は最低限です、後方視界は充分で別に気になりません。

今週入荷したACE2.0です。いつの間にかパッケージが変わっていました。

弊社出荷時の梱包内容です。ACE2.0本体のほか、取付説明書と取付作業時に必要となる電装パーツをサービスでお付けしています。

こんな小さな電装パーツをドイツから輸入しています。一応BMW純正部品となります。国内で調達しようと思いましたが同形状のものを見つけることが出来ませんでした。汎用品で充分?純正品に拘っているんです。

さて高額なドライブレコーダーACE2.0を弊社がオススメする理由は、純正品でアリデザインが格好イイのはもちろんのこと、特にオススメなのがパーキングモードですね。バッテリー電圧を監視しながらの録画ですからバッテリー上がりの心配が要りません。ソフトウェアによるファームウェアアップデートもいいですね。初期投資は高額ですが将来的にバージョンアップが見込まれます。スマートフォンアプリも紆余曲折が有りましたが現在のver2.1.1で安定使用出来るようになりました。
但し一点、これはACE2.0に限定した話ではありませんが、付属のマイクロSDカードは使用前に廃棄しましょう。一定期間後(2、3ヶ月)で壊れます。アプリで設定に失敗する、運転中に「録画を開始します」と頻繁にアナウンスされるとACE本体の故障と考えがちですがこれはSDカードへデータ書き込み失敗による不具合です。マイクロSDカードは高耐久タイプの使用をオススメします。

#BMW #ADVANCED #CAR #EYE #2.0 #ドライブレコーダー

関連記事