toggle
2019-02-08

(Tech Info)BMW ConnectedDriveのAmazonMusic問題を解決する


全世界のBMWオーナー(少し言い過ぎかも知れないが少なくともFXXシリーズを所有しているアメリカ、イギリス、ドイツのオーナーは声高に不満を漏らしている)が困惑している ConnectedDrive(以下、CD)におけるAmazon Musicアップの問題について対処方法を備忘録として残す。ほとんど口のレベルだと云うことを予めお断りしておきます。プンプンなので長文です。そのかわり以下の手順で問題解決出来ます。言葉遣い悪いです、ゴメンナサイ。

まず何が不満かというと、昨年末にAmazonMusicアプリ(以下、AMA)がバージョンアップされて以降、CD上でAMAは認識されなくなった。そのためスクリーン上でAMAが持つ機能について操作が一切できなくなった。AMAに保存された音楽はBluetooth接続されたiPhoneから再生可能だが、出来る操作は、次の曲あるいは前の曲を選択することのみ、その他の操作はいちいちiPhoneから操作しなくてはならない。運転中にiPhoneを操作?そんな危険な行為をワタシはしたくない。

今週になって、AMAがver.8.7.0へバージョンアップされた。少しばかりの期待を込めてアップデートしたが、その期待は裏切られてしまった。問題は解消されなかった。問題発生からAMAは5回バージョンが上がったので、もはやAmazon社はこの問題を解決することはないのだろうと推測する。であればBMWは、、、期待出来ない。それならば自分で解決するしかない。

手順は
①問題のあるAMAをiPhoneから消去する。
これは簡単だ。長押ししてXをクリックすれば消去出来る。

②iTunesアプリをダウングレードする。
ver.12.7以降のiTunesはappを操作出来なくなった。しかもMac上からiTunesを消去することはかなり面倒だ。ターミナルからコマンドを打っても消去出来なくなっている。それにappの操作ができるiTunes ver.12.6.5はmacOS Mojaveでは互換性がなく使用出来なくなっている。Macユーザーのワタシとしてはこれには閉口した。ならばWindowsマシンを使うしか無い。事務所には沢山ある。テスター用、コーディング用PCは基本的に動作確認出来た時点でその後のアップデートをしない。アップデートをして使えなくなったら大問題だからだ。適当なWin7マシンを使用して、問題なくiTunes12.6.5をインストールすることが出来た。iTunes12.6.5はAppleのサイトからダウンロードする。

③ダウングレードするAMAの旧バージョンはどれだ?
ワタシの記憶では、CDのスクリーン上で、問題なく操作が可能だったAMAのバージョンはver.8.5.0だ。昨年の12月にver.8.5.1にバージョンアップされてから問題が発生した。ならば8.5.0を再インストールすれば問題は解決する。自分のPC内にそれがバックアップとして残っていれば簡単な話だ。残っているわけがない。iOSアプリをバックアップしている人なんてあまりいないと思う。普通は必要が無いからだ。ではどこから入手する?ネット上を検索しまくってもなかなか落ちていないのが現実だ。ならばAppleのサーバーから落としてくるしかない。Appleのサーバーには見えないが旧バージョンもまだ保管されているはずだ。

④デバッグソフトで旧バージョンについて調べる。
旧バージョンのAMAをAppleのサーバーからダウンロードには、情報を得るためにデバッグソフトが必要だ。Fiddlerを使用する。Fiddlerをダウンロードしてインストールする。FiddlerとiTunesを同時に走らせたいので証明書をFiddlerからエクスポートしてインポートする。Fiddlerをバックグラウンドで走らせながら、iTunesで最新のAMAを落とす。落とし終わったら消去する。Fiddlerに行って、ダウンロードした時のコマンドログを見る。具体的には“pxx-buy.itunes.apple.com”がそれ。そのなかの“softwareVersionExternalIdentifiers”を探す。探したらその下の行に数字が羅列してある。それがAMA各バージョンに割り振られた数字となる。因みにAMA ver.8.5.0は5代前だから“829426968”だろう。

⑤AMAの旧バージョンをゲットする。
iTunesでAMAを普通にダウンロードすると最新版が落ちてくる。最新版は要らない。だからデバッグソフトを利用して、最新版をダウンロードするリクエストをAppleのサーバーに送る時にバージョンをすり替える。Fiddlerを使用して1コマンド毎にポーズする設定をする。“pxx-buy.itunes.apple.com”が現れたら最新バージョンの数字を旧バージョンの数字に書き換える。書き換えたらコマンドを走らせる。問題なく旧AMA ver.8.5.0をダウンロードすることが出来た。

⑥ゲットしたAMA ver.8.5.0をiPhoneにインストールする。
WindowsユーザーはiTunes12.6.5をそのまま使用して、app(.ipaファイル)をインストールすればいい。Macユーザーは旧システムの人はいいが、最新OSのmacOS Mojaveへ移行している人はiTunes12.6.5を使用出来ないので、Apple Configurator2を使用する。意外とこのApple Configurator2を使用している人が少ない。なぜだろう。Apple Configurator2はiTunesで出来たappに関する機能を強化したソフトウェアだ。使わないと損だ!ぐらいの素晴らしいソフトだと思う。いとも簡単にインストールができた。

⑦実地テスト
AMA ver.8.5.0をインストールしたiPhoneを実際にBMW車内で使用してみた。見事にAMAの操作がConnectedDriveのスクリーン上で復活した。

BMW ConnectedDriveサービスセンターの担当者に教えてあげたいぐらい。クレームの電話が沢山掛かっているんだろうなぁ〜。

以下は、記事中のポイントとなる箇所の画像です。参考になればイイですね。

以上。

#BMW #CONNECTEDDRIVE #AMAZON #MUSIC #PROBLEM 

関連記事