toggle
2018-11-20

41日間 旅したパーツ


10月初旬にドイツのフランクフルトを出発したパーツは

フランクフルト→羽田→フランクフルト(ココまではDHL Paket)→(ココから先はFedEx)ロッテルダム→関空

という航路を経て本日ここ名古屋に到着しました。10月10日から数えて41日間の長旅でした。長らくパーツの輸入に携わっていますが、ここまで日数が掛かったのは記憶に無いです。この事態を招いたのは間違いなくDHL Paketの仕業です。DHL Expressとは同じグループですが雲泥の差ですね。

早速開封します。ロッテルダムのFedExでリパッキングして貰いました。ここまで丁寧に緩衝材が入っているのは珍しいです。excellentです。

今回は液モノが多いので、1本1本ラップで丁寧に巻かれています。excellentです。

こんな具合で巻かれていました。剥がすのに一苦労です。

剥がしました。グルグル巻でした。残りも剥がします。

液モノは全部で6本、長旅でしたが漏れはなく一安心です。

最後に、これが今回のパッケージの本命である、デモカーのF80_M3用にオーダーした消火器です。絶対に燃やさないために、他の人のクルマが燃えていたら消火するために。

インジケーターはグリーンゾーンです。バッチリ消火剤が封入されています。

使用する際はブラケットから消火器を外して、ツーアクションで消火剤を噴出します。消火剤が無くなったら防災屋さんで再充填します。

このブラケットを助手席座面裏側に固定します。助手席には、このブラケットを取り付けるための穴が開いた板金部品が予め取り付けてあります。オプションコードの“ダミーSALAPA”がそれになります。穴は全部で8箇所ですが、右ハンドル用、左ハンドル用として各々4箇所をタッピングネジで締結するよう取付マニュアルには記述されています。タッピングネジは消火器には付属しません。現地調達になります。穴径を見る限りタッピングネジではなくてM8のボルトナットで締め付けた方がいいような感じがします。自動車組立工場内での取付であればより簡単なタッピングネジなんでしょうが、ユーザーが取り付けるので標準作業時間は決まっていません。そのためボルトを使用した方が再利用も考慮してベターに思います。スペースに指が入ればですが、、、。

近日中に取り付けしたらまたご報告します。

#BMW #fire #extinguisher

 

関連記事