toggle
2018-10-15

F80_M3CS F82_M4CS用Mスポーツ アルカンタラ ステアリングホイール


先週2件のお問い合わせを頂いた“M_Sports アルカンタラ ステアリング”ホイールです。///M PERFORMANCEパーツでは無くBMW M GmbH社のプロデュースパーツになります。F82_M4GTS M4 DTM Champion Editionモデルに装着されて登場しましたが、コレは大変格好イイです。残念ながら未だ交換作業を終えておりませんが、弊社でもデモカー用に1つストックがあります。G20_3シリーズが発表されたのでF8X系M3、M4オーナー方々の競争心(Competition)に火がついたのでしょうか。次のM3、M4が走り出すまでは2年弱ありますからね。グランクーペのMモデルも出るんでしょうか?

F82_M4CSの装着画像です。

F80_M3CSの装着画像です。

ステアリングホイールの拡大画像です。通常のレザーハンドルよりも握る部分は太くなります。ステアリンゴ右のレッドのエンジンSTART/STOPボタンも人気があります。案の定、フェイク品で不具合が出ている模様です、純正品をオススメします。ステアリング、エンジンS/SスイッチはF80_M3、F82_M4に限らずF3X系のクルマにも流用可能です。

ステアリングはAmazonストアBASEショップでも販売していますが、ダイレクトオーダーがお得です。

ダイレクトオーダーの場合、ステアリングホイール単体で、(2018/10/15時点)¥118,500-(税込、送料込)になります。
レッドのエンジンSTART/STOPスイッチボタンをセット購入の場合は、(2018/10/15時点)¥127,000-(税込、送料込)になります。

ステアリング交換は簡単です。+ドライバー、トルクスドライバー、ボックスレンチがあれば慎重に作業して30分前後で交換可能です。レッドボタンは5分も掛かりません。ご自身で作業されるとクルマにより愛着が湧きます。ご希望の方にはBMWAG社発行の取付説明書を添付致します。

いつ生産中止になってもおかしくないパーツになります。ご興味のある方はお早めにご検討下さい。

 

関連記事