toggle
2018-10-03

絶対に燃やさないためのBMW純正消火器


EGRの不具合(?)を原因とする火災が韓国で相次いだと言うことでリコールが発生していますが、化石燃料を燃やして走るクルマですから燃えます。ワタシも以前乗っていたポルシェであわや車両火災という経験をしました。それは室内の電気配線がショートして燃え瞬く間に煙が立ち上って呼吸は出来ない、前方が見えなくなるというワタシにとっては大惨事でした。エンジン停止して急いでバッテリーケーブルを絶縁したので燃え上がるということはありませんでしたが、その後プロショップで廃線を一から引き直して貰いました。今回のBMWのリコールはエンジンルーム内のパーツが原因ですからその対応は難しいですね。エンジンルーム内で火災が発生したときはボンネットは開けてはいけません。開けると同時に炎が立ち上がって大きな火災になります。そういった時はボンネットを少しだけ持ち上げて出来た隙間から消化剤を封入すると大きな火災を回避することが出来る確率が上がる様です。

昨日はG20_新型3シリーズが発表されました。なかなか格好イイわけですが、F80_M3を一生モノとして乗り続ける身としては燃やすわけにはいかないんです。

ということで、F80_M3用に消火器を発注しました。助手席下に設置するハンディータイプですが、”備えあれば憂い無し”ボーイスカウトでは“備えよ、常に”です。旧車になって劣化した電線が擦れショートして日が出てもコレで消し止めてみせます。絶対に燃やしませんよ。

モノが届いてからの作業ですが、実際に取り付けるとこのようになります。

構成パーツは、消火器本体とホルダー及びボルト4本になります。

取付手順は簡単で、みなさんがBMWの助手席シートを下から覗き込んでみると分かりますが、シートに取り付けてあるベースパーツにネジ穴が加工されています。そのネジ穴を利用してホルダーをボルトで固定するだけです。作業マニュアルから画像を取り込みましたのでイメージ出来ると思います。どなたでも簡単に取り付けが可能です。

インテグラル消火器(粉末)本体とホルダーのセットで¥30,000-(税込、送料込)です。コレで火災を食い止められれば安いものです。
ご興味のおありの方はお気軽にお問い合わせ下さい。
(注)インテグラル消火器(粉末)本体はBMW、BMWMINI共通部品となりますが、ホルダーについてはシリーズ毎に部品番号が異なります。

Amazonストア、BASEショップもご利用頂けます。

消火器セット@ライトカンパニーAmazonストア

消火器セット@ライトカンパニーBASEショップ

 

関連記事