toggle
2018-08-21

(よくある質問)販売チャンネルの価格差について


現在弊社ではメールオーダー(直接販売)AmazonストアBASEショップの3チャンネルでパーツ及びアクセサリーを販売していますが、各チャンネルの販売価格について、よくお問い合わせを頂きます。
架線、メールでのやりとりではご面倒をお掛けしますのでココに簡単にお知らせしておきます。

例)価格20,000円のパーツをドイツから輸入して弊社からお客様へ(80サイズ)納品するケース

No.項目金額(JPY)差額(JPY)
1部品代金20000
2輸送費6750
3関税0
4消費税1600
5地方消費税400
6通関手数料(DHL EXP.)1000
7小計33763
8ライトカンパニー手数料4013
9国内消費税2701
10送料(80サイズ)1123
11メールオーダー販売価格375870
12BASE販売価格401082521
13Amazon販売価格421384551

No.11のメールオーダー販売価格が弊社の”パーツ代行購入サービス”と同額となります。
No.12,13はNo.11に各チャンネルでの手数料を加算した金額となります。単純に手数料を加算する場合とNo.11の手数料を減額して販売するケースもあります。その逆はありません。表には記載されていない諸経費もありますから、Amazonストアで販売してもほとんど赤字ですね。低額に抑えたいなら圧倒的にメールオーダーがオススメです。是非”パーツ代行購入サービスをご利用下さいませ。特にBMWジ◯パンから今後販売されるBMW、MINIのパーツはかなり値上げされましたから注意が必要です。15%?20%?ぼ◯すぎです。

 

関連記事