toggle
2018-06-11

(Daydream-3)F80_M3を手に入れる前に


かなり現実味を帯びてきたワタシのF80_M3購入計画ですが、ここに来て難題にぶつかりました。
それは何かというと“アダプティブMサスペンション”です。WebCGやAUTOCARのF80_M3についての記事を読み漁っていると「アダプティブMサスペンションは乗り心地がいい」とか「アダプティブMサスペンションは何を置いても付けるべきだ」とかほとんどのライターが肯定的な記事を書いています。本当のところはどうか?ワタシにはよく分かりません。腰痛持ちの自分ですから付いていた方がそれはそれでいいんだろうなぁとは思いますが、旧車を所有してきたワタシは故障の原因になるモノは極力付いていない方がイイという考え方なんです。

そこで自分を納得させるために、アダプティブMサスペンションが故障したときの交換費用を部品レベル(ダンパー)で調べてみました。

アダプティブMサスペンション無しの場合
約13万円(FR4本)

アダプティブMサスペンション有りの場合
約25万円(FR4本)

アダプティブMサスペンション有りの場合は、無しの場合の約2倍掛かるということで、既にこの段階で、貧乏人のワタシにはアダプティブMサスペンションは必要なし!ということがよ〜くわかりました。

金額はワタシが個人的に会社から購入した場合のモノです。ディーラーで購入すると約1.5倍?交換工賃込みだと43-44万円コース?今回物色しているF80_M3は生涯手元に置くつもりですからランニングコストが高いと維持出来ません。因みにノートラブルでBMWの公式資料を見るとFRとも80,000キロ走行時に交換する様指示されています。(80,000キロですから余裕度を見て65,000キロ超えたら交換準備、70,000キロで実施計画を立てるってとこでしょうか。)

いやぁ〜Mモデルって部品代も高いですね。貧乏人のワタシが所有するクルマではない(?)と言うことなのかも知れません。

関連記事