toggle
2018-03-07

メルセデスベンツ ニューGクラス


時間があったのでM.ベンツのWISとEPCを最新版にアップデートしたところ、新しいGクラスのパーツがEPCに一部掲載されていました。あるところでW464という型式になるなんて書かれていましたが、いままで通りW463という型式なんですね。

ドイツではもうオーダーが開始されていて素の状態のG500が107,040.50EURです。日本円に換算して約1400万円ですね。コンフィギュレーターで日本仕様になるだろう鉄板仕様にしたら130,626.30EURですから日本円で約1700万円になりました。VATが含まれているのかは不明です。でも1700万円って、、、お金持ちの車?貧乏人のワタシにはもう手が届かないクルマになってしまいました。まぁ他のいわゆるSUVなどと比較すると中身が全然違いますから一概に高いとは言い切れませんがそれにしてもスゴイ価格ですね。このご時世でデフロックもLow-rangeも残っています。どこを目指しているのでしょうか。でも一生使わないユーザーさんも多いのかも知れません。

ワタシはいまあるG350BLUETECを後生大事に乗ることにします。
そう言えば先日、バフォッとadblueを噴射して車内がアンモニア臭くなるという体験をしました(笑)。

 

関連記事