toggle
2018-02-21

(業者さんにネタ提供)BMWディーゼル添加剤


エンドユーザーの皆さんにちょっとだけ変わったモノや日本には紹介されていないモノを安価に(言い訳:ロット数が小さいモノは輸送料が乗っていまいますが)提供するのがワタシのスタンスなんですが、業者の方にも結構見て頂いていて、これは!と思って頂いた商品はコソッと自分のところでも販売されているのをよくお見かけします(これイヤミです-笑)。
情報戦ですね。
当方負けっぱなしで、いいとこ取りの業者さんにはF○○K_Uな感じです。
お客様のなかにはそれでもワタシのスタンスを理解してくれて、すこしの差額なら厭わずうちから購入して頂ける方もいて、そういうお客様にはオフレコでこういうのもありますよなんてご提案もさせて頂いております。

グチはこれくらいにしておいて、本日は感謝の気持ちを込めて、業者さんにネタ提供させて頂きます。
商品は“BMWディーゼル添加剤”になります。

いま現在日本で一般的に販売されているディーゼル添加剤はこちら部品番号83192296922。

ですが寒冷地の多いヨーロッパで昨年から新しく販売になったディーゼル添加剤はこちら、部品番号は8319XXXXXXXになります。
※部品番号はお問い合わせ下さい。ここに書くとまたあるところからクレームが飛んで来ますので。。。

何が違うのかって言いますと、添加剤にあるものが添加されているんです。何が添加されているのかは以前の記事“(Tech Info)ディーゼル燃料による冬期運転”を見て下さい。長距離トラックドライバーの間では数年前からこれを燃料に添加するのは周知なのですが、我々一般人にはあまり知られていません。BMWというメーカーが公式に認めるんですから効果は絶大なんですね。添加剤なんてうさんくさいなんて言う方も多いですが、このBMW製品ではありませんが、ワタシもW463_G350ブルーテックに入れてみて驚きました。アクセルのツキが変わりました。車重のあるゲレンデなので違いがよく分かります。

業者の皆様、是非ともこのBMWディーゼル添加剤の販売をご検討下さい。
販売開始するタイミングでメールを下さい。ワタシも購入します(ネタ提供したんだから、ちょっとだけ値引きして下さいね)。
但し、危険物指定されていますので空輸はNGです。
ご検討の程よろしくお願いします。

 

関連記事