toggle
2017-05-19

(S.M.P.)その5ーBMW診断用PCおさらい


語呂が長いので、サンデーメカニックプロジェクト=S.M.P.に省略しました。SMAPと似ていますが気にせず進みましょう。

BMW診断用PCの詳細スペックを備忘録として残しておきます。
BMW推奨のPCスペックはクリアしていますのでエラーダイアログは表示されません。
中古で4,5年前のThinkpadですが、ExpressCacheのおかげでHDDとはいえサクサク動作しますのでモッタリ感はありません。診断ソフト内には細かいファイルが無数に存在してそれらに常時アクセスしなければなりませんがサクサクです。いい買い物しました。

では以下詳細です。

マシンモデル名:Lenovo Thinkpad T440P
CPU:intel core i5-4300M 2.6GHZ
メインメモリ:8GB
ハードディスク:500GB
ExpressCache:32GB SSD

インストール済ソフトウェア(デスクトップに表示したもの):

BMW Group ISTA Protocols
BMW ETK 04.2017
BMW ETK Admin
SP-Daten & PSDZData
BMW Group ISPI Admin Client
BMW Group ISTA
BMW Group ISTA-P
BMW KSD 03.2017
BMW RSD 09.2016
BMW Group HDD-Update

INPA
NCS-Expert tool
WinKFP
Tool32
NCS Insider
BMW Coding Tool
EasyConnect
NcsDummy
ZGW_SEARCH
NavCoder
E-Sys Launcher PIN-7799
NcdCafdTool v0.4.1
NcdCafdTool v0.5.0
Dr. Gini
BMWAiCoder
BMW Coding Database
CIC Special Service Utility
CIC Lang Utility
IBAC Generator_1
IBAC Generator_2
VIN CheckDigit
BMW FSC Generator
SWID_1B reader
SWID_DE reader
FSC tools

以上。

タグ: , ,
関連記事