toggle
2016-11-22

MベンツEPC-部品番号検索サービス


弊社ではメルセデスベンツの部品番号検索サービスを提供しています。
ネット上に多々あるパーツディーラーに部品を依頼しようと思っても具体的な部品番号がわからないと話になりませんね。パーツディーラーによっては部品番号がわからないと門前払いするようなところもあります。まぁ、お互い部品番号がわかれば時間の短縮にもなりますし、わからないよりもわかっていた方が話がスムーズに進むのは自明の理ですね。

ではどうやって部品番号を検索すればいいのかというとメルセデスベンツの場合は、EPC(Electronic Parts Catalogue)という電子カタログを利用して検索します。

wis1

ご自身の車の車体番号を入力して部品を検索したり、或いは自分の車には付いていないけれど同じシリーズの他の仕様の車には装備されている部品を検索したりすることが出来ます。

下の画像は現行Cクラスのトランクルームの部品一覧を表示しています。

wis2

右上図の390と採番された収納ネットの部品番号が知りたい場合には390をクリックします。
すると左側欄に部品番号が表示されます。

wis3

390の収納ネットの部品番号は”A 205 860 03 74″ということです。
EPCは日本語対応ですが、海外へ収納ネットを依頼する場合には「収納ネット」では話が通じませんので、お目当ての部品番号が判明したら言語設定を英語表示に変更して部品名を調べます。

wis4

最終的に
390は

部品名:LUGGAGE NET
部品番号:A 205 860 03 74
必要数量:1
であることがわかりました。
但し、ここで注意しなくてはいけないのは部品名下に表示されたオプションコードです。
自分の車の車体番号を入力して部品検索する場合は、自分の車に装備されている部品のみしか検索出来ないので大丈夫ですが、型式だけで検索する場合は、同じ部品名であってもオプションコードの違いで部品番号が異なるので注意しなくてはいけません。
上図の”Code:287+30P”をクリックしてその内容を確認すると

287-THROUGH-LOADING FEATURE
30P-COMPARTMENT PACKAGE

要約するとこの「トランクスルー付、コンパーメントパッケージ付」の車に適合しますということです。
この収納ネットについてはオプションコードが違っても余り問題ないかも知れませんが、部品によっては形状がかなり違って自分の車には取り付かないということもありますのでご注意下さい。
尚、EPCには現在までに生産・出荷された全て車両のデータカードを表示させることが出来ます。
データカードにはオプションコードも勿論含まれていますのでご安心下さい。

以上、メルセデスベンツ部品番号検索サービスの概要でした。
欲しい部品があるけど部品番号がわからないという方がいらっしゃいましたらお気軽にメールにてお問い合わせ下さい。

関連記事